おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

さっぱり美味しい梅なめたけのレシピ/作り方

さっぱり美味しい梅なめたけの写真

調理時間:10分以下

なめたけ+梅+かつお節、間違いなく美味しそうな組み合わせのごはんのお供。醤油ベースの定番のものとは違った、さっぱりした味わいに仕上がります。

家庭でも作りやすく、ばっちり美味しくできるおすすめレシピです!

このレシピのキーワード
えのき茸
お弁当
かつお節
常備菜

印刷する

梅なめたけの材料(作りやすい分量)

  • えのき茸 … 200g
    ※えのき茸は束の大きさが様々なので200gを目安に!
  • 梅干し … 3個
  • かつお削り節 … 4g
  • 水(あればだし汁でも)…50ml
  • みりん … 大さじ2
  • 酢 … 大さじ1と1/2
  • しょうゆ(あれば薄口)…小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/4

スポンサーリンク

さっぱり美味しい梅なめたけの作り方

梅なめたけの下ごしらえ

梅味のなめたけの味作りと風味づけに大切なのは「梅干し」「かつお削り節」です。
 *「梅干し」は酸味のしっかりとした、昔ながらの梅、塩、紫蘇を原料とした作りのものがおすすめです。
 *「かつお削り節」は好みによりますが、私は風味のまろやかなカビ付け工程を経た“かれぶし”を合わせています。

えのき茸は石突きを切り落として1~1.5㎝幅に切り、根元に近いところは手でほぐします。梅干しは種を除いて、包丁でしっかりと叩き、ペースト状にします。

鍋にはじめからすべての材料を合わせます。切ったえのき茸と梅干し、Aの調味料を加え、酸味をよりプラスするために取り出した梅干しの種も一緒に火にかけるために加えます。

かつお削り節は手でもんで細かくした方が、味のなじみがよくなるので、細かくしてから加えます。

梅なめたけのレシピ/作り方

鍋の中を箸で軽く混ぜ合わせ、弱めの中火にかけてえのきに火を通します。 調味料が沸いてえのきに火が通れば、えのきのかさも減って煮汁が少し増えるので、その状態になってから2~3分ほど煮詰めて完成です。

粗熱が取れたら梅干しの種を取り除き、保存容器に移します。冷蔵保存で4~5日で食べきるとよいと思います。

【補足】

  • 保存は冷蔵庫で!ベーシックな「自家製なめたけ」よりも少し塩分低めのレシピにしたので4~5日ほどの日持ちです。冷凍も可能です。
  • 梅干しの色は加熱すると少しくすんでしまうので、色の良し悪しは気にせず、酸味のしっかりあるものを使うと美味しくできます。
  • 熱々のごはんの上にかけるのはもちろん、軽く塩もみしたきゅうりと合わせて和え物にしたりしても美味しいです。

ベーシックななめたけも冷凍もできて便利です!

市販品でよく見る「なめたけ」も家で簡単に作れます。しかも冷凍保存可能です!「自家製なめたけのレシピ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ