おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

菜めし(菜飯)のレシピ/作り方

菜めし(菜飯)の写真

調理時間:10分以下

菜飯は手軽にご飯と一緒に野菜をとれる、とっても便利でシンプルな混ぜご飯です。

今回はおうちで美味しく菜飯を作るには?ということを検証した結果をまとめたいと思います。ポイントは菜っぱに塩を混ぜるタイミングです!

このレシピのキーワード
お弁当
かぶや大根の葉
市販品を自家製で

印刷する

菜めし(菜飯)の材料(2~3人分)

  • ごはん…茶碗大盛り2杯分(約400g)
  • 大根やかぶの葉…100g
  • 塩…小さじ2/3
  • 白炒りごま…少々

スポンサーリンク

菜めし・菜飯の作り方

かぶの葉・大根葉など菜っぱの下処理とゆで方

※今回はかぶの葉の方がスーパーでも手に入りやすいのでそちらを使って作ります※

かぶの葉は間引きした菜っぱの状態で売られているものもありますし、実についた葉っぱもあります。太い方が食感が出るのでどちらかというと実についた葉っぱのほうがおすすめです。実から切り落としたら、軽く輪ゴムでまとめ、ため水の中で根元についている泥などを洗い落します。

※間引いた菜っぱでも作れますが、買うときはできるだけ太めのものを買うとよいと思います。また、この後ゆでるときに楽になるということもあって、私はいつも輪ゴムで束ねています。

鍋に湯を沸かし、ティースプーン山盛り1杯ほどの塩(分量外)を加えます。ゆでるのはまずは根元の茎から。30秒ほどゆでた後に全体を落とします。 全体を落としたら、落とし蓋をするか、途中上下を返すなどして、さらに1分ほどゆで、冷水に取ります。

菜飯の作り方で大切な、塩を加えるタイミング

ゆでた菜っぱは軽くしぼって6~7㎜幅に切るのですが、この後の塩を加えるタイミングがポイントとなります。切った菜っぱをボウルに入れ、菜っぱに塩小さじ2/3を混ぜ合わせ、2~3分おいてしっかり塩味をつけます

※一般的な菜飯の作り方はごはんと刻んだ菜っぱ、塩を一緒に混ぜ合わせる作り方ですが、先に菜っぱだけに塩をしっかりきかせたほうが、味にメリハリがつき、菜っぱの青臭さも消えて、美味しく仕上がります!

菜飯のレシピ/作り方

2~3分塩味をなじませたら、手でぎゅっとしぼって、あたたかいごはん400gほどと混ぜ合わせます。全体が混ざったら茶碗に盛り、ごまを少し散らして完成です!

【補足】

  • 菜っぱに先に塩を混ぜることで、塩味がしっかりつきます。市販されている菜飯ふりかけをすごーく美味しくグレードアップしたような感じになります。
  • 菜飯は、かぶの葉、大根葉、春菊、小松菜など、いろいろな菜っぱで作ることができます。

「わかめごはん」もおすすめ!

刻んだ刺身わかめに醤油ベースの下味をつけて。火を使わなくてもできるレシピです。こちらもぜひご覧ください。「わかめごはんの作り方」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ