おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おでんのレシピ/作り方

おでんの作り方の写真

調理時間:60分超過

おでんの下ごしらえは『おでんの具の下ごしらえと、おでんの出汁の作り方』のページで詳しく紹介しました。あとはおでんをコトコト炊くだけ。

何がポイントになるかというと、おでんを炊くときの火加減と、練り物を入れるタイミング、味を染み込ませる時間、この3つです。

このレシピのキーワード
大根
こんにゃく
たこ
厚あげ
じゃがいも
市販品を自家製で

印刷する

おでんの材料(4~5人分)

  • 好みの具材 … 適量
  • 昆布とかつお節のだし汁 … 1.5L
  • 薄口醤油 … 大さじ4(60ml)
  • みりん … 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 … 大さじ1
  • 塩 … 小さじ1/3程度

※入れる具材によって塩気が変わってくるので、適宜調整を!

スポンサーリンク

おでんの作り方

おでんに使う出汁とつゆの味付けは

おでんには濃いめのだし汁がおすすめです(いつもより多めのかつお節を5分くらいじっくりと煮出したものを使います)。 ⇒ より詳しくは「おでんの具の下ごしらえと、おでんの出汁の作り方」を参照ください。

おでんのつゆの味付けは

だし汁1.5L、薄口醤油60ml、みりん60ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1/3を鍋に合わせて火にかけます。 ※ただ、練り物など、塩気の出るものをどれだけ具材として入れるかによって、つゆの塩気が変わってくるので、塩小さじ1/3を目安に、はじめは控えめに加え、味を見て最後に調整するとよいと思います。

おでんの具を入れるレシピ手順

おでんの具を数種類用意した場合は、目的によって、具材を入れるタイミングが違いますので、下にまとめてみました。

・大根、じゃがいも、こんにゃく、卵、たこ、厚揚げなどじっくり味を染み込ませたいものは、はじめから。
・そのままでも美味しい、焼ちくわ、さつま揚げ、ごぼう天などの練り物は、はじめから加える場合と、後から加える場合があります。

【タイミングの違うとどうなる?】
はじめから入れると … 練り物からだしが出て、おでんつゆが甘旨くなります。でも練り物自体の味はちょっと抜けます。
後から入れると … おでんのだしが十分美味しい場合などは、逆に練り物からの味が邪魔になることもあります。その場合は練り物をそのまま楽しむべく、食卓に出す前に鍋に入れて芯まで温めます。

※今回私はかつお節が2%の少し濃い目のだしを取ったので、練り物は後で入れることにしました。練り物以外の具材を鍋に入れて火にかけます。おでんつゆへの影響が大きいことを念頭に、練り物を入れるタイミングはお好みで仕上げてください。

おでんを美味しく食べる、火加減と味をしみ込ませるための時間

練り物をはじめから入れるか、後入れするかが決まったら、鍋のつゆを温めてから具材を入れます。 決してぐらぐら沸騰させずに、沸いたら火を弱め、おでんの具をコトコトお風呂に入れるイメージで、50~60分ほど火を入れます。

火を入れて温めた後は、おでんはすぐに食べずに、半日ほど置いた方が味が染み込んで美味しいので、火を止めてそのまま冷まします。

食卓に出す前に、練り物や昆布などを入れてなければ加えてから、再び火にかけてしっかりと芯まで温め(20~30分くらいじっくり温めるとよいです)、しっかり温まってからいただきます。辛子や柚子胡椒などを好みでつけても美味しいです。

※ゆでたこは中途半端な火入れだと硬くなるので、じっくり煮ることができない場合は食卓に出す前にさっと温める程度に加熱するとよいです。

【補足】

  • おでんはじっくり味を染み込ませた方が美味しいので『前日の夜に作って、翌日の夜に食べる』くらいが一番良いと思います。少なくとも、食べる当日の午前中に作って、半日味を染み込ませて夜に食べる、くらいに時間を置いて、味を染み込ませたいものです。また、土鍋で作ると作る時にじんわりと熱が入り、また食べるときに冷めにくいのでおすすめです!
  • おでんには辛子が欠かせません。もし粉からしが手に入ったら、一味違うツンとした辛みの辛子もよいものです→粉からしの溶き方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング