おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

和食の万能みそだれのレシピ/作り方

和食の万能みそだれの写真

調理時間:10分以下

「赤みそ(豆みそ)」を使ったみそだれの写真ですが、「米みそ」、「麦みそ」などおうちにある味噌で作れるレシピです!

ふろふき大根や、こんにゃく・なす・里芋などの田楽、酢みそ和えのベースとして、いろいろと使える万能みそだれです。余ったら2か月ほど冷蔵保存できるので、多めに作っておくのもおすすめ!

このレシピのキーワード
みそ
保存食

印刷する

和食の万能みそだれの材料(作りやすい分量)

  • みそ(※) … 大さじ3
  • 砂糖 … 大さじ4~5
  • 酒 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1

※みそはおうちにあるみそでOKです!

スポンサーリンク

和食の万能みそだれの作り方

みそだれの材料を用意する

※この万能みそだれは、大根やかぶのふろふき、なすやこんにゃく、豆腐や里芋などの田楽、わけぎのぬた和えの酢みそのベースにできる、いろいろな和食レシピに使えるレシピです。 写真はすべて赤みそで作っていますが、米みそや麦みそなど、家にあるみそで作れますので、ぜひお試しください※

まず、鍋の中にすべての材料を合わせ、火にかける前にゴムべらなどでしっかり混ぜ合わせます。みそは特にダマになりやすいので、しっかりダマをなくすように混ぜておきましょう。

※材料部分で砂糖だけが大さじ4~5となっています。これはみそ自体の甘みに合わせて砂糖を調整するとよいからです。甘めのみそなら大さじ4、甘み少なめなら大さじ5にするといいと思います。

みそだれのレシピ/作り方

鍋を中火にかけて、沸いてきたら少し火を弱めます。ヘラで鍋底を混ぜながら4~5分ほど火にかけます(鍋肌も焦げ付きやすいので、時おりへらでぬぐい落すとよいです)。

4~5分のど火にかけると、ドロっとしたとろみがつくくらいに煮詰まります。鍋の中で鍋底に線を書いた時、すぐに線が消えずに、しばらく残っているくらいが目安です。 あとは器や保存容器に移し入れ、料理に使います!

※材料を半分にして作る場合は、煮詰める時間も半分ほどにして作ってみてください!

万能みそだれの使い方

上でも紹介したように、このレシピは使う味噌の種類にかかわらず「ふろふき大根」「なす田楽」「里芋の田楽」など、 他にもこんやく田楽、豆腐田楽、ふろふき蕪などに使えます(このみそだれに酢を合わせて、ぬた和えの味付けに使うこともできます)。

できたてはちょうどよい硬さで使いやすいのですが、一度冷蔵庫で冷やすと硬くなってしまうので、レンジで軽く温めてみそだれを緩めてもいいし、お湯で少しだけ溶いて緩くしてもいいので、柔らかくしてから使ってください!

【補足】

  • 料理屋では写真のように赤みそ(豆みそ)を使うことが多いです。米みそよりも渋みや酸味があって、仕上がりが上品になるからです。普段のお味噌汁に使っても美味しいので、ぜひ赤みそでも作ってみてください!
  • 2015.7更新…卵黄入りの作り方から、卵黄なしの作り方に変更しました。卵黄入りのこだわりの作り方は「本格的練りみそだれの作り方」を参考に!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ