おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方

ゴーヤの味噌炒めの写真

調理時間:10分以下

苦みのあるゴーヤは、濃いめのみそ味の炒め物にすることで食べやすくなってくれます。

もちろんご飯が進むレシピです。豚肉のうま味と、生姜やニンニクの風味をプラスして、美味しいゴーヤの味噌炒めを作りましょう。

このレシピのキーワード
ゴーヤ
みそ
豚肉
生姜

印刷する

ゴーヤの味噌炒めの材料(2人分)

  • ゴーヤ … 1本
  • 豚バラ肉(薄切り) … 100g
  • にんにく … 1/2かけ
  • 生姜 … 1/2かけ
  • サラダ油 … 小さじ1~2
  • 粗挽き黒胡椒 … 好みで少々
  • みそ … 大さじ1と1/2 ~ 2
  • 濃口醤油 … 大さじ1/2
  • 酒 … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

スポンサーリンク

ゴーヤの味噌炒めの作り方

ゴーヤの下ごしらえ

ゴーヤは縦半分に切って、スプーンを使って種を取り除き、切り分けます。 ゴーヤを切る幅は4~5㎜強くらいがおすすめ。薄すぎるとゴーヤチャンプルーは美味しくありません!! 5㎜幅程度に切ったゴーヤは、ゴーヤ1本に対して、塩小さじ1/2と砂糖小さじ2(各分量外)をまぶします。 砂糖と塩をまぶしたら軽く混ぜ合わせ、5分ほどおいておけばゴーヤの下処理完了です。

※苦み抜きに砂糖と塩を併用することで、ゴーヤの苦みを取ると同時に、料理への味付けのなじみもよくすることができます。 ゴーヤのワタをどのくらい取るのか、塩・砂糖併用の詳細は『ゴーヤの苦みの取り方と下処理』をチェックしてください。

※苦み抜きに砂糖と塩を併用することで、ゴーヤの苦みを取ると同時に、料理への味付けのなじみもよくすることができます。 ゴーヤのワタをどのくらい取るのか、塩・砂糖併用の詳細は『ゴーヤの苦みの取り方と下処理』をチェックしてください。

ゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方

ゴーヤの他には、豚バラ肉を100gほど用意します。肉は2~3cm幅に切ります。 生姜、にんにくはそれぞれ皮をむいてスライスしておきます。 また、炒め物を始める前にAの調味料を容器に合わせ、よく混ぜ合わせておきます。※家庭で使う味噌は塩気の濃さが様々なので、大さじ1と1/2からスタートして、味が薄ければ大さじ1/2ほどを後から追加するとよいと思います。

フライパンにサラダ油をひき、生姜とニンニクを弱火でじっくり炒めます。
※豚バラ肉の脂が多いようならサラダ油小さじ1、脂身が少ない肉ならサラダ油小さじ2くらいを使うとよいと思います。 次に肉を広げ入れ、肉にある程度火が通ったら下ごしらえしたゴーヤの水気をよく切ってから加えます

強火でゴーヤを炒め、ゴーヤの表面に透明感が出てきて火が通ってきた頃に、合わせておいた味噌だれを加えます。 フライパンを振って全体を炒め、味見をして、味噌が足りなければ味噌を足すなどして出来上がりです。 器に盛ってから仕上げに粗挽きの黒胡椒を振りかけても美味しくなります。

【補足】

  • ゴーヤの味噌炒めは、みょうがやオクラ、ピーマンなどの夏野菜を一緒に加えても美味しいです。また、豚バラ肉を焼き肉用の厚みのあるもので作ってもボリュームが出て美味しくなります。
  • 器情報:民藝品(沖縄の横田屋窯)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ