おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

シンプルに美味しく!絶品キムチ鍋のレシピ/作り方

キムチ鍋の写真

調理時間:60分以下

白ごはん.comのキムチ鍋はコチュジャンなどの調味料は使わず、家にあるものでシンプルに美味しく作ろう!というコンセプト。

なんといっても出汁がいちばん大事。煮干しをメインに、生姜とにんにくをきかせてで作ります。

このレシピのキーワード
煮干し

印刷する

キムチ鍋の材料(2~3人分)

  • 白菜キムチ … 300g
  • 長ねぎ … 2本
  • ニラ … 1束
  • えのき茸 … 大1束
  • 木綿豆腐 … 1丁
  • 豚バラ肉 … 200g
  • タラの切り身 … 2切
  • 生姜 … 3かけ分ほど(30g)
  • にんにく … 1かけ
  • ごま油 … 大さじ1
  • 水 … 1.5リットル
  • 煮干し … 30g
  • 昆布 … 10g
  • みそ … 大さじ4~5
  • 醬油 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1

スポンサーリンク

キムチ鍋の作り方

キムチ鍋の具と切り方

キムチ鍋の具は白菜キムチ、ねぎ、ニラ、えのき、豚ばら肉、タラなどの白身魚、木綿豆腐です。

この他に、もやしや春菊、きのこ類やおもちなど、好みのものを用意してください。

だしはしっかり濃いめの煮干しだしがおすすめです。火にかけたときにスムーズにだしが出るよう、Aを1時間以上前に合わせておきましょう。

※土鍋で加熱するときにじっくり火が通るので、水の中に煮干しと昆布を合わせておくだけでOKです。また生姜やにんにくなどの風味の強いスープになるので、頭やワタは除く必要はありません。→「煮干しだしの取り方」に選び方や詳細をのせています。

野菜類やキムチは食べやすい大きさに切り、生姜とにんにくはみじん切りにします。

タラなどの白身魚は、1切を3等分ほどに切ってから塩を薄く全体にふって5分おきます。それを熱湯にくぐらせ、水気をふき取ります(臭み消しのため)。また、豚肉は1.5㎝幅にに切っておきます。

キムチ鍋のレシピ(だしと具材の下処理)

土鍋に浸しておいた水と煮干し、昆布を移し、火にかけます。沸いたら弱火にして10分ほど煮出します。

煮出している間に、横で豚肉をさっと焼きます。鍋の水の中で合わさるのではなく、生姜やにんにくなどの香りを油や豚肉に”炒めて”移してあげることで、より風味のよいキムチ鍋になると思います。

手順としては、フライパンにごま油、生姜、にんにくを入れて中火で熱し、香りが立てば豚肉を入れてほぐしながら炒めます。豚肉の色が変わってきたら、キムチの半量を入れて炒め合わせ、それから火を止めておきます(ここで完全に火を通す必要はありません)。

だしを10分煮出したら、かなり濃い煮干しだしになっているので、昆布と煮干しを取り出します。そこに炒めた豚肉・キムチを全量加えます。

キムチ鍋の仕上げ/作り方

ここからは鍋の具材を合わせていきます。土鍋を再び火にかけ、はじめにねぎを入れ、沸いてきたらえのき茸を加えます。

ねぎなどの具材に火が通れば、食べる直前に木綿豆腐とタラを入れて、火を通します。

最後に味付けをします。ボウルにBの材料を合わせます(味噌は大さじ4から味を見つつ調整してください)。

ボウルに鍋の汁を加えてよく溶かしてから、すべて加えて鍋の汁に混ぜ合わせます。

あとは食卓に鍋を移し、仕上げにニラと残りの半量のキムチを加え、いただきましょう!

【補足】

  • だし取りの材料については昆布なしで煮干しだけでも大丈夫です。その時は1.5リットルに煮干し40gを使ってください!
  • 鍋の〆は卵雑炊にしたり、うどんや中華麺を加えるなど、好みでやってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング