おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

えびの天ぷら(えび天)のレシピ/作り方

えびの天ぷらの写真

調理時間:20分以下

市販の天ぷら粉を使わず、サクサク食感のえびの天ぷらを作るレシピです。おかずとして、麺類に合わせてなど、出番も多いえび天、ぜひお家で作ってみてください!

『基本の天ぷらのレシピ』では、油の種類や分量、揚げ方など天ぷらの基本をまとめていますので、こちらも参考に。

このレシピのキーワード
えび
揚げ物
天ぷら
市販品を自家製で

印刷する

えびの天ぷらの材料 (2~3人分)

【えびの天ぷらの材料】
  • 殻付き無頭えび … 10尾ほど
  • 揚げ油 … 適量(鍋に2.5㎝ほどの高さが目安)
【作りやすい分量の天ぷら衣の材料】
  • 小麦粉(薄力粉) … 1カップ強(120~130gほど)
  • 卵 … 溶き卵にして1/2個分
  • 冷水 … 1カップ(200ml)

※スケールがなければ、1カップを量ったあとに大さじ1~2を追加しても。

スポンサーリンク

えびの天ぷらの作り方

天ぷら衣を作る

天ぷらの衣は、Aのふるった薄力粉1カップ強(120~130gほど)、全卵1/2個分、冷水200mlを合わせて作ります。

はじめに、よく溶いた全卵1/2個分の中に冷水200mlを加え、箸で泡が出るまでしっかり混ぜます。それを、ふるった小麦粉に注ぎ入れます。

衣の基本レシピでは薄力粉110gほどですが、それより少し多めに使うのがおすすめ。衣はえび天のみだと余るため、ぜひ他の野菜類などと一緒に揚げてみてください。

泡だて器で底からよく混ぜ、少しダマが残るくらいの混ぜ加減でOK。さらりとした状態の天ぷら衣を用意しましょう!

「天ぷら衣のレシピページ」に、粘りを出さない衣の作り方(粉をふるったり、氷を使ったり)を詳しくまとめているのでそちらも参考に!

えびの天ぷらの下ごしらえ

(冷凍えびの場合はしっかり解凍してから)はじめに尾っぽに近い1節目を除いたすべての殻をむき、最後に尾っぽを手に持っておさえながら、1節目もむき取ります

つづいて、竹串などを使ってえびの背わたを取り除きます。

殻と背わたを除いたえびをボウルに入れ、水で洗います。しっかりと水気を切って、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

※洗う工程は必須ではないですが、冷凍えびを使う場合は臭みが出ることがあるため、余裕があればやるとよいと思います。

尾っぽの真ん中に尖った部分があるので、その先端も切り落とすような位置で、尾の先を斜めに切り落とします。尾っぽに水分が残っていると、油はねしやすいので、切ったあとに包丁で水気をしごいて除きます。

続けて、えびの腹側に3か所、斜めに切り目を入れてスジを切ります(切り込みの深さはえびの厚みの半分ほど)。

※切り込みは厚みの半分よりも深く入りすぎると、揚げる時にえびが曲がって形が悪くなることがあるので、深くなりすぎないようにしましょう!

えびの背側を上にしてまな板に並べ、親指と人差し指をえびの身をつまむ形にそろえ、パキッ、ミシッという音がするくらいまで、真上から押します

※えびのスジを切る、身を押さえて伸ばす、この2つの工程でえびが丸まりすぎない状態で揚げることができ(極端な身の縮こまりを防ぎ)、火通りもよくなります※

※上の写真では、上2本がえびを伸ばす前、下2本が指で押さえてえびを伸ばした後の状態です。

えびの天ぷらのレシピ/何分揚げる?

下ごしらえしたえびに、小麦粉をまぶします(えび天は衣をしっかりめに付けたいので、打ち粉も少し多めで)。

『基本の天ぷら』でも紹介していますが、大きめのタッパーにえびと粉を入れて蓋をし、容器を振って打ち粉をするのもやりやすいです。なければ容器にえびと粉を入れて箸と手で混ぜて打ち粉をしても!

175~180℃ほどに熱した油に、尾っぽの部分を手で持って、身を衣にくぐらせてから落とし入れます。

※一度にたくさん投入せずに、鍋のサイズに合わせて、具材を不自由なく裏返せるくらいスペースに余裕を持って投入すると、油の温度変化も少なく、サクッと揚がりやすくなります。

(途中えびの上下を1~2度返して)1分半を目安に火が通るまで揚げてから取り出します。

※えびの下ごしらえをしても、多少カーブするものも出てくるかと思います(確実にまっすぐにしたい場合は、スジ切りと身を伸ばす作業をよりしっかりするとよいです)。

器に盛り付け、塩で食べたり(写真のように、塩+マヨネーズもおすすめ!)、天つゆで食べたりしましょう!

丼や麺類にえび天を合わせるときは、花を咲かせて衣を厚くしたい場合もあるかと思います。

そうしたいときは、えびを油に入れて衣が固まってきたころに、箸で衣を上から足し入れてください(細い箸だと衣がたくさんすくえないので、箸を3~4本使って衣を落とすか、指に衣を付けてえびの上に落とすとよいと思います)。

【補足】

  • 天ぷら衣の小麦粉の分量は、えび天のみを揚げるときを想定して、小麦粉の分量を少し多めにしています。他の天ぷらも揚げる場合は、野菜類をはじめに揚げて、衣が少し濃くなってきたころにえび天を揚げてもOK。その場合の特に小麦粉を多くする必要はなく、小麦粉1カップのままでOKかと思います。
  • えびの下ごしらえ(スジを切る、のばす)は、すべてのえびがまっすぐになるくらい、神経質にやる必要もないように思います。目的は上にも書いた通り、えびが丸まりすぎない状態で揚げる(極端な身の縮こまりを防ぐ)、火通りをよくする、この2点です。
  • えびの尾っぽの水気を包丁でしごくとき、指先で尾っぽの水分を押し出すようにしながらやるとよいです。
  • えびを揚げる目安の時間は1分半です。火が通ってきたら次第に泡が小さくなって、持ち上げたときに少し軽くなってきます。心配な場合は、ひとつ食べてみたりして火通りを確認してもいいと思います。
  • もし天ぷら衣が余ったら、僕は冷蔵保存しておき、翌日か翌々日までにもう一度その衣を使い切る形で天ぷらをすることが多いです。天ぷらじゃなく、粉を適宜足し入れてねぎ焼きやお好み焼きにしても!

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

  1. ホーム
  2. レシピ検索
  3. えびの天ぷら(えび天)のレシピ/作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
えび
揚げ物
天ぷら
市販品を自家製で

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

  • 白ごはん.com Channel
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com LINE OFFICIAL BLOG
  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook

おうちで鍋料理!レシピランキング

このレシピが使われている献立・特集