おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

クレソンと新たまのみそ汁のレシピ/作り方

クレソンと新たまのみそ汁の写真

調理時間:10分以下

クレソン、新玉ねぎ、油揚げの3つの具材でみそ汁を作ります。

クレソンの苦味や新玉ねぎのみずみずしさが春らしく、火の通りも早いので短時間で作ることのできるみそ汁だと思います。

このレシピのキーワード
春野菜
玉ねぎ
油揚げ

印刷する

クレソンと新たまのみそ汁の材料(3人分前後)

  • クレソン … 1束(約30g)
  • 新玉ねぎ … 1/2個
  • 油揚げ … 1/2枚
  • だし汁 … 500ml
  • 味噌 … 大さじ2と1/2ほど

スポンサーリンク

クレソンと新たまのみそ汁の作り方

クレソンと新玉ねぎの下ごしらえ

今回はさっと火の通るクレソンをみそ汁のメインの具にして、そこに新玉ねぎと油揚げを合わせます。

※だしに関しては煮干だしでも、かつおだしでも、お好みのだしを用意してください。

まず、クレソンは4~5㎝幅に切ります。油揚げは短冊形に切り、新玉ねぎは皮をむいて5~6㎜幅に切ります。

クレソンと新玉ねぎのみそ汁のレシピ

鍋にだしを入れて新玉ねぎと油揚げを加え、中火にかけます。沸いたら火を弱め、新玉ねぎに透明感が出るまで2分ほど煮ます

新玉ねぎに火が通れば、味噌を溶き入れます。*味を見ながら味噌大さじ2と1/2を目安に調整してみてください。

沸騰直前まで再度温めたら火を止めます。火から外した状態で切ったクレソンを入れ、クレソンには余熱でさっと火を通します

クレソンにはすぐに火が通るので、すぐに椀にそよって完成です。

【補足】

  • 人数が多いときなどは、切ったクレソンを椀ごとに盛り分けておき、そこに熱々のおみそ汁を注いでもOKです。
  • ただ、路地もののクレソンで茎が太いなどの場合は、太い茎の部分だけ最後にさっと火にかけ、火を通すとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ