おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

太巻きのレシピ/作り方

太巻きの写真

調理時間:60分超過

太巻きには、一昔前までどの家庭でも常備されていた乾物が多く使われ、家庭でこそ食べてほしい食べ飽きない味のお寿司だと思います。

しかも、具材のかんぴょう、椎茸はまとめて炊いて冷凍することができるので、まとめて作っておけば実は簡単。

太巻きの作り方を「巻き方」までしっかり写真つきで紹介していますので、ぜひ作ってみてください。

このレシピのキーワード
おもてなし
干し椎茸

印刷する

太巻き(恵方巻)の材料(2本分)

  • 焼き海苔 … 2枚
  • 寿司飯 … 300~400g
  • ※ごはんと寿司酢の割合は下記レシピと補足を参考に。

  • 厚焼き玉子 … 海苔の長さ×2本
  • 干し椎茸の煮物 … 中サイズ3~4枚
  • かんぴょうの煮物 … 海苔の長さ×2~3本
  • 三つ葉 … 1/3束

スポンサーリンク

太巻きの作り方

※前日準備がおすすめ※ 乾物を炊いておく

椎茸とかんぴょうは、戻した椎茸だしで一緒に炊くのですが、それでもそれぞれの風味が残り、具材としてしっかりと持ち味を感じさせてくれます。 ですので、ぜひ太巻きには入れたい具材なのです。ただ、乾物を炊くのは前日準備がおすすめ(冷めるまでに時間もかかってしまうので)。

椎茸とかんぴょうの詳しいレシピはこちらからご覧ください。 太巻きだけではなく、普段のおかず、ちらし寿司、麺類の具材などにも使えます。しかも冷凍可能!

煮物が準備できたら、椎茸は2~3㎜幅の薄切りにして、かんぴょうは海苔の長さに合わせて切り、キッチンペーパーで汁気を軽く切っておきしょう。

寿司飯を用意する

炊き立てのごはんに寿司酢を合わせ入れ、なじんだところでしゃもじで切るように混ぜ合わせていきます。 一粒一粒に光沢が出て寿司酢が全体にいきわたれば、うちわで人肌の温度まで冷まします。

※焼き海苔2枚に対して300~400gの寿司飯が必要となるので、1つの目安としたらご飯1合分(炊き上がり約330g)の酢飯を作って、2本で使い切りでもいいかと思います。その場合は、『米酢大さじ1と1/2、砂糖小さじ2、塩小さじ1/2』を溶き合わせ、炊き立てご飯1合分に合わせます。 → 詳しいすし飯の作り方はこちらから

厚焼き玉子と三つ葉と用意する

厚焼き卵は、卵をよく溶いて、砂糖などで調味して焼き上げます。→ 詳しいレシピはこちらからですが、色よく仕上げるために濃口ではなく薄口しょうゆを使うとよいです。三つ葉は、根を切り落とし、輪ゴムでまとめてからゆでて冷水にとります。

それぞれ海苔の長さに合わせてに切ります。厚焼き玉子は1㎝角くらいの食べやすい棒状に切ります。

※春の時期に「根みつ葉」が手に入ったら、根みつ葉で作っても美味しいです。香りと歯ごたえが一段とよいので。

太巻きの巻き方

巻きすを広げ、海苔1枚を光沢のあるほうを下にしてのせます。 上2㎝ほどを残して寿司飯の半量をまんべんなく広げます。 ここでの寿司飯は、海苔がすけて見えるくらいの分量となります。

ごはんの中央より少し上に具材を並べます。このとき巻くときにバラバラになりやすい椎茸の煮物などは奥側に、 巻くときに転がりにくい厚焼き玉子、かんぴょうの煮物などは手前に置いておくとよいです。

具材をのせたら、手前の海苔を巻きすごと持ち上げ、向こうの寿司飯の端(海苔の空白部分)まで一気に持っていきます。 (具が多いときは指で具を押さえながら巻くとよいです)

寿司飯と寿司飯の端を合わせて、下の写真左のように、 片手で巻きすを握って手前に軽く引きつつ、片手で奥の巻きすを持って奥へひっぱります。 こうすることで太巻きが緩まずにしっかりと巻くことができます。

最後に、巻きすの一方の端に太巻きの端を合わせて、指で軽く端の寿司飯を抑え、反対側も同様にします。 ※巻きすの数に余裕があるようなら、輪ゴムで軽くとめて、しばらく巻きすごとなじませるとよいです。

切るときは乾いたまな板の上に太巻きを置き、濡れ布巾を用意して切ります。 包丁を濡れ布巾でふいて湿らせつつ切るとよいです。

【補足】

  • その他に具は、市販のでんぶ、穴子やうなぎなどを組み合わせても美味しいと思います。
  • 酢飯の分量は、300gなら少し細め、400gなら少し太めの太巻きが出来上がります。酢飯の量が変わっても、海苔の長さは変わらないので、太巻きが緩まないように巻いた後に手前に引いて軽く締めることが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜のおかずレシピランキング