おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

いなり寿司のレシピ/作り方

いなり寿司の写真

調理時間:60分以下※米を炊く時間は除きます

いなり寿司の油あげを炊くのは、だし汁があってもなくても大丈夫。味の好みや、だし汁が用意できるかどうかで選んでみてください。

味の傾向としては、だし汁ありはだしの風味も香って上品な仕上がりに、だし汁なしは少し甘めにしたほうが美味しいので甘めで素朴な味わいになります。→「だし汁いらずのいなり寿司」のレシピも参考に。

このレシピのキーワード
油あげ
おもてなし
お弁当
だし汁
味の比較

印刷する

いなり寿司の材料(作りやすい16個分)

  • 油あげ…8枚(7㎝四方ほどの大きさのもの)
  • 米…1.5合分(約500g)
  • 白炒りごま…小さじ2ほど
  • 練り辛子…適宜
  • だし汁…200ml
  • 砂糖…大さじ4
  • 醤油…大さじ2と1/2

  • 米酢…大さじ2と1/2
  • 砂糖…大さじ1
  • 塩…小さじ3/4

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

いなり寿司の作り方

いなり寿司の油あげの下処理

油あげは正方形のものを用意し、好みで横か斜めに切り分けます(今回は斜めに切って三角のいなり寿司を作ります)。※“だし汁いらずのいなり寿司”では長方形のいなりを紹介しています。

切った油あげは「切り口から親指を入れて、油あげに穴が開かないようにやさしく角まで開く」ことをします。

※油あげによって変わるのですが、簡単に開くものもありますし、少し開きづらいものもあると思います。まず一つ二つ切ってみて確認し、もし開きづらいようなら、切る前の油あげの上をすりこ木でごろごろと転がすと多少開きやすくなります。

だし汁を使ったいなり寿司は、あげの油抜きをしっかりしたほうがだし汁の風味が活きる思うので、油あげを2~3分ゆでてしっかりと油抜きをし、そのあと水にとってから水気をしぼるとよいです。

ゆでた油あげはざる上げし、水に取ります。熱が取れたら、あげが崩れないように2~3枚ずつ手に広げ、両手で挟むように水気をしっかりしぼります。

水気をしぼった油あげは、鍋の中で高さが均一になるように並べてから煮るとよいです。

※白ごはん.comではできるだけ少ないだし汁で作るレシピにしているため、鍋の中であげの入り方に偏りがあると味の含み方に差が出てしまいます。

いなり用の油あげの味付け/レシピ

油あげを鍋に並べたら、別容器でAを軽く混ぜ合わせてから鍋に注ぎ入れます。

※あげは調味料を抱え込みやすいので、後から調味料を入れると均一に混ざらないこともあるためです。

鍋を中火にかけ、沸いたら落し蓋をして弱火にします(少なめの煮汁を全体にいきわたらせるために落し蓋は必須!)。炊く時間は沸いてから10分ほどです。

10分ほど炊いたら、煮汁も程よく煮詰まって、油あげがほとんどの煮汁を吸ってくれています。鍋ごとそのまま冷まし、いなり用のあげの完成です。

いなり寿司の仕上げ/作り方

まず、酢飯を準備します。Bの寿司酢をよく溶かし混ぜ、炊き立ての1.5合のごはんに回しかけて、切るように混ぜ合わせます。全体に混ざったら酢飯を広げてうちわで冷まし、ごまを混ぜ合わせます(より詳しくは「寿司飯の作り方」も参考に)。

炊いたあげは、煮汁を軽くしぼっておき、その煮汁は容器に取っておきます(※あげをしぼりすぎては美味しくありません。慣れないときは一度酢飯をつめて食べて、ほどよいしぼり加減を確認してみるとよいです)。

酢飯と油あげがそろったら詰める作業に入ります。詰めるときのポイントは「先に酢飯を1個ずつ詰める分量に軽く丸めておくこと」「油あげを炊いた時の煮汁を手に少しずつつけながら作業を進めること」です。

あとはあげを手に取り、先に丸めておいた寿司飯を入れて親指で軽く奥まで酢飯がいきわたるように押さえます。

それから食べるときに崩れないよう、おにぎりを握るように全体をきゅっと握って完成です。

添え物には、花わさびの醤油漬け新生姜の甘酢漬けや、手軽に練り辛子なども味がひきしまって美味しいものです。

【補足】

  • 一般的ないなり寿司のレシピは、煮汁の汁量がもう少し多めのものもありますが、白ごはん.comでは使用するだし汁の量をできるだけ減らしたレシピで紹介しています。火加減が強すぎると焦げ付く可能性もあるので、弱火でコトコト10分煮て作ってみてください。
  • いなりの油あげは前日にでも炊いておいて、当日は酢飯を仕込むだけだと簡単です。また、炊いた油あげは冷凍保存も可能です。
  • 油あげの大きさが7~8㎝四方と異なる場合は、各材料を適宜調整して作ってください。
  • シンプルな酢飯でも美味しいですし、椎茸やかんぴょうの煮物酢れんこんを刻んで混ぜたりしても美味しいです。
  • 器情報:イムサエムさんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ