おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

特別な材料なし!和風パエリアのレシピ/作り方

和風パエリアの写真

調理時間:60分超過

家庭で用意しやすい材料を使って、ちょっぴり和風なパエリアを作ります。たくさんの魚介類とにんにく、オリーブオイル、昆布だしを使うことでとても食べやすいパエリアになります!

フライパンを使って作るレシピで、パエリアの“炊き方”の基本的な部分も詳しく写真付きで紹介しています。和風パエリア、ぜひ覚えておもてなしにご活用ください!

このレシピのキーワード
あさり
えび
いか
鶏肉
れんこん
椎茸
玉ねぎ
いんげん
おもてなし

印刷する

和風パエリアの材料(4人分)

  • 米 … 3合
  • あさり(殻付き) … 200g
  • えび(殻付き無頭) … 5尾
  • いか … 1ぱい
  • 鶏もも肉 … 100g
  • れんこん … 50g
  • 椎茸 … 2枚
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • いんげん … 5本
  • にんにく … ひとかけ
  • オリーブオイル … 大さじ2
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • 昆布だし(水出し) … 600ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ4
  • みりん … 大さじ1

スポンサーリンク

和風パエリアの作り方

和風パエリアの材料

このパエリアは昆布だしで作るので、まずはじめに水出し昆布だしを作ります。 米3合炊く場合は、水600mlに昆布5㎝角1枚を1時間以上(できれば3~4時間くらい)前に入れておきます。 また、米は研いでからざる上げしてしっかり水気を切り、30分ほどおいておきます。

材料は、玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、椎茸は軸を切り落として4~5㎜幅に、れんこんは4~5㎜幅のいちょう切りにします。 魚介類は用意できる好みのものを入れるのでOKですが、今回はあさり、イカ、えびの3種です。 あさりは砂出ししておき、イカは7~8㎜幅の輪切り(げそがあれば2~3本ごとに切り分けます)、えびは殻付きのまま背ワタを取り除き、鶏肉は皮ごと6~7㎜幅のそぎ切りにします。
※殻付きえびを解凍した場合、水気を含んでいるのでキッチンペーパーなどでふき取っておくとよいです。

※パエリアは少し固めに炊きあげたいので、研いだあとに浸水せず、ざる上げすることにします(ざる上げ途中にも穏やかに米が水を吸ってくれるので)

和風パエリアの作り方/レシピ 炒めはじめ

フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、にんにくのみじん切りを入れ、香りが立ってきたら玉ねぎのみじん切りを加えます。 玉ねぎに透明感が出てきたら、鶏肉、イカ、えび、れんこんを加えて炒め合わせます。 えびが赤くなってきたら椎茸を加え、ここで塩、こしょう少々(各分量外)で下味をつけておきます。

和風パエリアの作り方/レシピ 米とだしを加えて

下味をつけたら、ざるあげしておいた米を加え、底から全体を混ぜ合わせて、米全体にうっすら油をまわします。 それから昆布を除いた水出し昆布だしを注ぎ入れ、Aの残りの醤油とみりんを加えて混ぜ合わせます。

フライパンの中の米と具材を平らに直し、仕上がりの見栄えがよいように具を盛り直し、あさりを広げ入れます。 火加減は中火のまま、蓋をして沸騰を待ちます。沸騰しているかどうかは蓋を取って確認して大丈夫です。

【フライパンや揚げ鍋でも蓋があれば、パエリアは炊けます!】
上の写真は私がいつも使っている鉄製の揚げ鍋で作りました。下の写真はテフロンのフライパンで作った時です。 どちらでも同じようにできます。ご家庭で作るときは、蓋がきっちりしまるものを使って作ってください。

和風パエリアの仕上げ

沸騰が確認できたら、蓋を戻して、中火のまま2分火にかけます。次に弱火に落として10~14分で炊きあがりです。 10分くらいから蓋をたまにとって、中を確認し、汁気が鍋肌に残っているかどうかを確認してください。 汁気がなくなったら、一度火加減を5秒ほど強火にしてみます。そのときパチパチ言うようなら汁気がない証拠です。 蓋を戻して10分蒸らし、ゆでたいんげんを加えます。

※沸騰後の中火で煮汁があふれそうな場合は、適宜火加減を小さく調整してください。

全体をしゃもじで混ぜ合わせ、粗びき黒こしょうをふりかけて完成です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ