おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

しじみ汁のレシピ/作り方

しじみ汁の写真

調理時間:20分以下※しじみの砂出しの時間は除く

肝臓の働きを高めてくれる効能をふくむしじみのおすまし、お酒のあとや翌日など、ぴったりの汁ものですね。

貝類のだしを引き出すには、水からじっくり火を入れる作り方が基本。 昆布だけ少し加えれば、あとはしじみからのうまみで十分に美味しく仕上がります!

このレシピのキーワード
しじみ
潮汁(うしおじる)
お酒のつまみ

印刷する

しじみ汁の材料(3人分前後)

  • しじみ … 200~250g
  • 水 … 500ml
  • 昆布 … 5cm角1枚(約5g)
  • 刻みねぎ … 少々
  • 自然塩 … 小さじ1ほど
  • 酒 … 大さじ1
  • こしょう … 少々

スポンサーリンク

しじみ汁の作り方

しじみの砂出し

しじみは買ってきたものを一度薄い塩水に移して、砂出ししてあげるとよいです。しじみ200gほどに対してなら、水200mlに塩小さじ1/5~1/6ほど加えます (これでだいたい0.5%ほどの塩分の水になって、砂が出やすくなります)。あれば新聞紙などを上にかぶせて3~4時間置いておきます(夏場は冷蔵庫に)。

※しじみが重なり合うような状態ではなく、平たいバットなどにしじみを広げて砂出しするとよいです。

しじみ汁のだし取り

しじみは砂出ししたものを流水にあてながらゴシゴシとよく洗い、分量の水、昆布と一緒に火にかけます。 5分以上たってから沸くくらいの火加減で、じっくりとしじみと昆布のおいしさを引き出します。温まってきたらアクが出てくるので、適宜すくい取ります。

しじみ汁の作り方(仕上げ)

沸いてきたら火を弱め、殻が開いて1~2分したら昆布を取り出します(アクもきれいに取り除きましょう)。そのときにしじみを端によせて、砂が出ていないか確認してみてください。

どれだけ丁寧に砂出ししても、砂が残っていることがあるので、鍋底に砂があるようなら一度汁だけを茶こしなどでこすとよいです(しじみだけを先に別鍋に移し、汁をこします)。

再び火をつけて温め、塩と酒を加えます。ここで味見をしてみて、もし味が薄ければ醤油をほんの少し足してもOKです。

味が決まって沸騰直前まで温まったら椀にそそぎます。こしょうや刻みねぎがよく合うので、好みでふりかけるのもおすすめです。

【補足】

  • 薬味はこしょうや刻みねぎのほかに、三つ葉やせりを刻んだものを加えても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ