おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

厚焼き玉子のレシピ/作り方

厚焼き玉子の写真

調理時間:10分以下

キッチンに立つ人なら、おそらく人生に何度も作るであろう玉子焼き。材料がシンプルだからこそ、ちょっとした違いで仕上がりが変わってきます。

「だし巻き玉子」も紹介していますが、手始めにまずは作りやすい厚焼き玉子から作ってみましょう!

このレシピのキーワード
お弁当

印刷する

厚焼き玉子の材料(作りやすい分量)

  • 卵(Mサイズ) … 3個
  • サラダ油 … 適量
  • 濃口醤油 … 小さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2

スポンサーリンク

厚焼き玉子の作り方

厚焼き玉子の材料と道具について

味付けは「醤油」と「砂糖」のみ。私はいつも「味わい優先で濃口醤油」を使っています。しかし、弁当などの用途ならば 「色合い優先で薄口醤油」を使ってもいいと思います。その場合は、味わいが少し物足りなくなるので、みりんをほんの少し加えるとよいです。

道具に関しては、焼く途中に油を補充するためのキッチンペーパーを用意しておくとよいです。これは焼き続けるときに油を染み込ませたキッチンペーパーがあると、適量の油を鍋にさっとひくことができるからです。また、テフロン加工などのくっつかないものか、油のよくなじんだ玉子焼き器を用意します。

※上の写真は少し大きめの卵焼き(卵4個分)を作ったので、卵が4つとなっています。その場合の砂糖と醤油は各大さじ1弱ほどでOKです。

卵液を作る

卵をボウルに割りほぐし、醤油と砂糖を溶け残りがないように混ぜ合わせます。 卵は泡立てないように箸で混ぜ、少し大きな白身の塊があれば、箸ですくって切るなどしておきましょう。

厚焼き玉子の焼き方(1回目)

玉子焼き器にサラダ油小さじ1/2~1ほどを加えて中火で熱します。ここで注意したいのは 「箸先で卵液を落としたときに“ジュ”っと、一瞬で卵液が固まる熱さになるまで焼きはじめない」ということです。

確認して鍋が熱くなっていれば、卵液を1/3量ほど入れて全体に広げます(プクプク膨らんできたところは箸先でつつき、均一に火が通るようにします)。 白身が半熟に固まりかけたら、奥から手前に箸でつかみながら巻いていきます。巻き終えたら、卵を奥に滑らせて移し、手前にさっと油をひきなおします。

※卵4個分の厚焼きを作る場合は、卵液を1/4量ずつ入れるとよいです。

厚焼き玉子の焼き方(2回目以降)

空いたところに卵液を流し入れます。奥によせた卵の下に箸を入れて少し持ち上げながら、下にも卵液を流し入れます。 あとは1回目の作業と同じ。半熟になったら奥から手前に巻いて、奥に滑らせ油をひきます。

残りの卵液を最後にすべて加え、同様にもう一度焼きます。取り出す前に、表面に好みの焼き色をつけてもいいです。取り出して食べやすい大きさに切り分け、好みで大根おろしを添えていただきます。

【補足】

  • 卵4個で作るときの調味料は、砂糖と醤油を各大さじ1弱にしてください。
  • 濃口醤油のほかにも、もし家庭にあれば、再仕込み醤油・たまり醤油などで作っても、コクが出て美味しくなります。

卵×醤油の味わいをシンプルに味わう簡単料理!

黄身だけを醤油+みりんで漬け込むだけという簡単なものですが、とっても美味しいごはんのお供になります。ぜひお試しください。「黄身の醤油漬け」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ