おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

きゅうり浅漬けのレシピ/作り方

きゅうり浅漬けの写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

『浅漬けのレシピの基本』にて、浅漬けのことを『日持ちするサラダ』といいましたが、まさにその通り(いや、それ以上!)。

きゅうりの浅漬けは、大葉と生姜の薬味の香りをプラスすることで、サラダよりももっとヘルシーに美味しく野菜を食べることができます。【冷蔵庫で2日保存可能】

このレシピのキーワード
きゅうり
浅漬け
朝ごはん
お酒のつまみ
夏野菜

印刷する

きゅうり浅漬けの材料(作りやすい分量)

  • きゅうり … 2本
  • 塩 … 野菜の重さの2%
  • 生姜 … 少々(5gほど)
  • 大葉 … 3枚
  • 醤油を食べるときに適量

スポンサーリンク

きゅうり浅漬けの作り方

浅漬けの基本

※浅漬けの手順は『浅漬けのレシピの基本』がベースとなっています。 その中で紹介した3種の漬け方から、“バットを使った漬け方”にてきゅうりの浅漬けレシピを紹介しようと思います。

『野菜の重さに対して2%の塩を加える』のが浅漬け基本のレシピとなります。 ですので、今回きゅうり2本で175g、塩は2%の3.5g(自然塩小さじ約2/3)を合わせます。

また、浅漬けレシピには昆布が入るものも多いですが、きゅうりの浅漬けは昆布を入れずにさっぱりと、薬味を合わせるとおいしいので、今回はそのレシピを紹介します!

※塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4〜5gです。

浅漬けでのきゅうりの切り方

まず、きゅうり2本は両端を切り落として縦半分に切り、さらに1〜1.5㎝幅に切ります。また、生姜は皮をむいてせん切りにします。

※きゅうりを丁寧に下処理をしようと思うと、ヘタを切り落としたあと(縦に切る前に)、きゅうりのヘタ近くの部分を下写真のようにくるっとむき取ってもよいです(この部分の皮が特に硬いので)

きゅうりの浅漬けの塩の利かせ方

切ったきゅうりをジップロックの袋に移して、分量の塩を入れて全体に塩を混ぜ合わせます。続けて生姜のせん切りも加えます。

きゅうりの浅漬けの漬け方/仕上げ

③できゅうりを袋に入れたらバットに平らに広げ、その上にバットを置いて3〜4倍の重しをかけて冷蔵庫に入れます。

漬け込む時間は3〜4時間で十分です。待っている間に、大葉があれば大葉のせん切りを用意しておきます。

3〜4時間でしっかり塩がなじむので、塩がなじめばきゅうりの浅漬けの完成です。食べる前に大葉のせん切りを混ぜ合わせて、食卓へ持っていきましょう!

べる直前にほんの少しの醤油をかけると一層美味しくなります!

【補足】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ