おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

黒千石大豆の炊き込みごはんのレシピ/作り方

黒千石大豆の炊き込みごはんの写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

一般的な大豆よりもかなり小粒で、料理をするうえでも時間が短くて済み、食べやすさもある黒千石大豆。

炊き込みごはんにすると、他の豆類とは違う小粒ならではのごはんへのよい馴染み方をしてくれます。そして味わい、風味もよく、コクのある枝豆ごはんのよう。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
大豆
もち米

印刷する

黒千石大豆の炊き込みごはんの材料(2合分)

  • 米 … 1.5合
  • もち米 … 0.5合(※)
  • 黒千石大豆 … 大さじ3ほど
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3
  • 酒 … 大さじ1/2(好みで)

※もち米が入ったほうがもっちり感が出ておすすめですが、もち米なしでもさっぱりとしった食感の炊き上がりとなります。その場合は普通の米2合で炊いてください。また、精製塩を使うときは小さじ1ほどにするとよいです。

スポンサーリンク

黒千石大豆の炊き込みごはんの作り方

黒千石大豆の下ごしらえ

黒千石大豆のよいところは『小粒なので戻す時間も短く、ゆでこぼしなども必要ない』というところです。

2合に対して大さじ3ほど使うので、ボウルに入れてさっと洗い、かぶるくらいの水を加えます。※加える水の量ですが、戻し汁も後から全量使うので、たっぷりすぎるのもNGです。

戻す時間は『ふっくらした食感が好みなら一晩(6〜7時間ほど)』、『ほんの少しプチっとした食感が残るくらいでもよければ1〜2時間』が目安です。黒千石大豆は皮にひびが入ってすぐに戻る豆と、ひびがなくて少し戻るのに時間がかかる豆が混在しているので、一晩なら全部がふっくら戻り、1〜2時間なら戻りやすい豆だけがふっくら戻った状態となります。

※黒千石大豆をまったく戻さず、直に入れて炊飯したこともあります。その結果は好みが分かれる仕上がりだとは思いますが、参考のために下の補足に記載しています。

炊く米ですが、普通のうるち米だけでもいいのですが、もし家にもち米があれば、1/4量をもち米にして炊いてみてください。『米1.5合にもち米0.5合で、もっちりとした食感が出てより美味しくなる』と思います。

もち米を入れる場合は、『うるち米と合わせて普通に研ぎ、1時間ほど浸水させてから炊く』と炊飯器でもふっくら炊きあがってくれます。

黒千石大豆の炊き込みごはんのレシピ/作り方

黒千石大豆も戻り、米も浸水できたら、炊飯器にセットします。

まず浸水したおいた米の水をざっと捨てて、黒千石大豆の戻し汁を加えます(すいません!ここまでは工程写真がありません)。そこに2合の目盛まで水を加えます。それから、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後に水気を切った黒千石大豆を上に広げて炊飯します。

ごはんが炊き上がれば、酒大さじ1/2ほどを全体にひと振りして蒸らしても、酒のコクと風味がプラスされて味に深みが出ます(これはお好みで)。全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、黒千石大豆を大さじ4〜5、加える自然塩を小さじ2に増やしてください。
  • 黒千石大豆をまったく戻さずに炊いてみたところ、豆によっては少しだけ硬い感じの残る食感、味わいも一粒に味が凝縮されている感じ(ほんの少しえぐみもある?)、という炊き上がりでした。雑穀米が好きな知人は「これも美味しい!」と好評でしたが、炊飯器の種類や豆の新旧によっても変わってくると思うので、こうすれば美味しい!という紹介はできませんが、興味のある方は一度こちらも試してみてください。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ