おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鶏肉の南蛮漬け(鶏南蛮漬け)のレシピ/作り方

鶏肉の南蛮漬けの写真

調理時間:60分以下※味をなじませる時間を除く

この『鶏肉の南蛮漬け』は、鶏肉をさっぱり食べたいときによく作る、我が家の定番の鶏料理です。食べるときは薬味をたっぷり添えてあげます。

美味しく作るレシピのポイントは、焼きあがった肉をアルミホイルで包んで、最後は余熱で火を通すこと。(そうすることでジューシーな仕上がりに!) 春から夏のおもてなしにも最適な料理だと思いますので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
鶏肉
常備菜
南蛮漬け
おもてなし

印刷する

鶏肉の南蛮漬けの材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 1枚
  • 生姜、にんにく … 各ひとかけ(約10g)
  • サラダ油 … 小さじ1
  • 昆布だし … 200ml
  • 酢 … 150ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ4
  • 塩 … 小さじ2/3

スポンサーリンク

鶏肉の南蛮漬け(鶏南蛮漬け)の作り方

鶏肉の下処理と南蛮酢の作り方

鶏肉はフォークや金串などで皮目を細かくつき、塩ひとつまみ(分量外)を両面にふって5分ほどおきます。

鶏肉を焼く前に、南蛮酢を作ります。理由は粗熱が取れた南蛮酢に漬けこまないと余計な熱が鶏肉に入ってしまうから。 上記レシピの分量を鍋に合わせ、一度沸騰させて作り、保存する容器などに移します。
⇒ なぜ沸騰させるのか、南蛮酢がどのくらい日持ちするのかなど、詳しい南蛮酢の作り方はこちらから

※今回は唐辛子なしで作りましたが、唐辛子を入れて少し辛みをきかせても美味しいです。

鶏肉の南蛮漬けの肉の焼き方

まずフライパンにサラダ油と包丁の腹で軽くつぶしたにんにく、しょうがを入れて弱火にかけ、じっくり油に風味を移します。 次に皮目から肉を焼き、しっかり焼き色をつけます。焼き色がついたら裏返して裏面を焼きます。 皮目を焼くとき鶏肉からたっぷりの脂が出てくるので、キッチンペーパーなどで適宜出てきた脂を吸い取りながら焼くときれいな焼き色がついてくます。

裏面を焼き『8~9割火が通ったかな?』というくらいの状態で肉を引き上げ、アルミホイルに包んで、余熱で火を通します。 フライパンの中で100%火を通すと、肉が硬くなってしまうので、アルミホイルで包んで中心部までじっくり火を通すわけです。

アルミホイルに包む時間は5~10分くらいでOK。アルミホイルから取り出したら、粗熱の取れた①の南蛮酢に漬け込みます。その南蛮酢にフライパンの焼き汁や、アルミホイルに残った肉汁を一緒に加え、 半日以上漬け込みます。粗熱が取れたら冷蔵庫にて保存しておいてください。

※火どおりが心配なときは、南蛮酢に漬け込む前に肉の中心部を切ってみて確認してみてもよいと思います!

鶏の南蛮漬けの最後の仕上げ。ソースの作り方

汁に漬けたまま半日以上冷蔵庫に入れておいた鶏肉。美味しく食べる2つのポイントがあるので、ぜひ省かずにやってみてください。

美味しく食べるポイント① 冷蔵庫から取り出してすぐは肉が硬いので、常温に戻してから食べる。 肉を常温に戻したほうが美味しくジューシーに食べることができます(時間がない場合は、肉が温まらずに柔らかくなるまで、弱めでレンジにかけてもよいと思います)。

美味しく食べるポイント② 漬け込みに使った南蛮酢を使ってソースを作り、そのソースと薬味野菜をたっぷりかけて食べる。 ソースを作ったほうが、格段に美味しくなります。南蛮酢大さじ4、濃口醤油小さじ2~3、酢小さじ1~2、砂糖ひとつまみをよく溶かしたらソースの完成(火にかけなくてOK)。薬味野菜は、ねぎや大葉、みょうがの千切りなどを合わせて一緒に添えると、とてもさっぱり美味しく食べることができます。

【補足】

  • 鶏の南蛮漬けは、冷蔵庫で保存して2~3日で食べきると美味しく食べられると思います。
  • 合わせる薬味野菜の切り方のコツは大葉の千切りみょうがの千切り薬味ねぎの切り方をそれぞれ参考に!
  • 南蛮漬けに使ったこの南蛮酢は、私はいつも1回で捨てるのがもったいないので、一度だけ繰りかえし使うこともあります(2回目は少し酢や甘みなどの調味料を足して)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ