おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

揚げずに作る、鮭の南蛮漬けのレシピ/作り方

鮭の南蛮漬けの写真

調理時間:20分以下

鮭の南蛮漬けは、油で揚げて作るレシピも多いですが、フライパンで焼くだけで仕上げる、より手軽なレシピの紹介です。

この鮭の南蛮漬けは、野菜もたっぷり一緒に漬け込むので、バランスのよい美味しい主菜として我が家の定番料理でもあります。

このレシピのキーワード
常備菜
ピーマン
野菜たっぷり
秋の味覚

印刷する

鮭の南蛮漬けの材料(作りやすい分量)

【 鮭の南蛮漬けの材料 】
  • 生鮭 … 3切
  • 玉ねぎ … 1/2個
  • ピーマン … 2個
  • にんじん … 1/3本
  • 塩・こしょう … 各少々
  • 小麦粉 … 適量
  • サラダ油 … 適量
【 南蛮酢の材料 】
  • 昆布だし … 200ml
  • 酢 … 150ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ4
  • 塩 … 小さじ2/3
    ※酢は米酢でも穀物酢でもお好みの酢で。
    ※鮭の大きさや調理する量によって適宜調整してください。

スポンサーリンク

揚げずに作る、鮭の南蛮漬けの作り方

南蛮酢の作り方

鮭を焼く前に、南蛮酢を作ります。理由は南蛮酢の粗熱が取れていないと余計な熱が鮭に入ってしまうから。 上記レシピの分量を鍋に合わせ、一度沸騰させて作り、保存する容器などに移します。
⇒ なぜ沸騰させるのか、南蛮酢がどのくらい日持ちするのかなど、詳しい南蛮酢の作り方はこちらから

※唐辛子がなくても十分美味しいので、今回は唐辛子なしで作りました。ピリッとするのが好きな方はここで唐辛子1本を入れても。

鮭の南蛮漬けの材料の下処理

南蛮酢が用意できたら、鮭や具材を用意します。使うのは生鮭、ピーマン、玉ねぎ、にんじんです。 野菜はそれぞれ食べやすい太さの千切りにしておきます。

鮭は塩鮭ではなく、生鮭を使います。今回は油でからっと揚げずに、フライパンで美味しく作りたいので、鮭の皮は取り除きます。 皮を下にして鮭を置き、皮と身の間に包丁を入れます(※右端から左へ動かす向きで包丁を入れます)。 皮を左手でしっかり持って、包丁を上下に動かしながら身の方向へ(左へ)動かすときれいに皮と身を分けることができます。

皮を取り除いた鮭は、1切れを3等分くらいに切り分け、両面に薄く塩こしょうをふって、次の粉をつける作業に入ります。

※鮭の身の中の柔らかい骨は、食べるときに少し気をつければいいので、私は取らずにそのまま作っています!(太い中骨などあれば除いても)

鮭の南蛮漬けの作り方(まずは野菜を炒めます)

②で準備した野菜を炒めます。サラダ油小さじ1をフライパンに入れて熱し、火の通りにくいにんじん、玉ねぎから炒め、 次にピーマンを炒め、火が通った頃に、軽く塩こしょうで味付けをして、①で用意した南蛮酢の中に炒めた野菜を入れます。 ※フライパンはそのまま鮭を焼くのに使います。

鮭の南蛮漬けの作り方(仕上げ)

②の鮭に、小麦粉(片栗粉でもOK)を薄く全体にまぶします。刷毛を使って粉をつけてもいいですし、バットに粉を広げてつけてもいいのですが、全体にしっかり粉を漬けた後に余分な粉をはたき落とすとよいです。

フライパンにサラダ油小さじ2を入れて中火で熱し、鮭を両面焼いて、少し香ばしいくらいの焼き色をつけて鮭に火を通します。※身の厚みによっても変わりますが、今回は片面1分半ずつくらい焼きました。

鮭が焼けたら熱いうちに南蛮酢に漬け込みます。漬け込んですぐの熱々を食べてもいいのですが、おすすめは数時間から半日程度漬け込んだもの。 半日程度漬けるとしっかりと南蛮酢が染み込んで美味しくなります!※鮭の南蛮漬けは必ず冷蔵庫に保管しておいてください。

※火どおりが心配なときは、南蛮酢に漬け込む前に鮭の中心部を切ってみて確認してみてもよいと思います!

【補足】

  • 冷蔵庫で4~5日保存できます(輪切り唐辛子などを好みで加えるともう少し日持ちも長くなります)。
  • 南蛮漬けで使ったこの南蛮酢は、私はいつも1回で捨てるのがもったいないので、一度だけ繰りかえし使うこともあります(2回目は少し酢や甘みなどの調味料を足して)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ