炊き込みご飯の基本のレシピ/作り方

炊き込みご飯の基本のレシピ/作り方の写真
◆ 白ごはん.comの関連レシピ ◆    むかごご飯のレシピ |  栗ごはんのレシピ |  はまぐりご飯レシピ |
⇒ レシピページへ ⇒
最新のお知らせページ
↑クリックで最新お知らせページへ。より詳しい紹介やリンクは、お知らせページに掲載中ですのでぜひチェックしてください!!
スポンサーリンク

炊き込みご飯の基本のレシピ/作り方

白ごはんは日本人にはなくてはならない主食ですが、炊き込みご飯にして毎日の食卓を彩る工夫もぜひしたいもの。
「そもそも炊き込みご飯ってなんか面倒臭そう」と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、簡単なんです!!
塩味の炊き込みご飯なんて、炊飯器でいつもどおり炊く直前に、塩と具材を混ぜるだけですからっ
ぜひ「だしで作る炊き込みご飯」のレシピと、「塩だけで味付けする炊き込みご飯」の作り方を覚えてください。

炊き込みご飯の基本のレシピ/作り方の写真

 【 塩味の炊き込みご飯の割合 】

  • 米が2合なら、塩小さじ1と1/3
  • 米が3合なら、塩小さじ2
  • 塩味の炊き込みに適した具材を適宜

 【 だし味の炊き込みご飯の割合 】

  • 米が2合なら、
    だし400ml+薄口醤油40ml+みりん40mlが目安
  • 米が3合なら、
    だし600ml+薄口醤油60m+みりん60mlが目安
  • だし味の炊き込みに適した具材を適宜

    ※上記分量を基本に炊飯器炊きと鍋炊きを紹介します↓
スポンサーリンク

  1. 炊飯器で炊く『塩味の炊き込みご飯』
    白ごはんを炊飯器で炊く要領で、米を研いで内釜に入れ、必要な目盛りまで水加減をします。
    30分以上浸水させた後、塩を加えて軽く混ぜ、塩を溶かします。(米2合なら塩小さじ1と1/3、3合なら塩小さじ2が目安)

      
    ※浸水する前に塩を溶きいれてしまうと、米の吸水が悪くなるので、水で浸水させてから塩を溶きいれます!

    次に具材を上から加えます。(特に混ぜる必要もありません。米が下、具材が上の状態でOKです)
    炊飯器のスイッチを入れて、炊き上がったらしゃもじで底からやさしくかき混ぜて完成です。

      


  2. 鍋で炊く『塩味の炊き込みご飯』
    まず炊く分量の米を研いで浸水させておきます。浸水時間は炊飯器と同様に30分以上。
    その後浸水した米をざるにあけ、水気を切った米と同量(同体積)の水を鍋に合わせます。
    その鍋に、米2合なら塩小さじ1と1/3、3合なら塩小さじ2を塩を加えて溶かします。

      
    上の写真には、塩を加える写真がありませんが、鍋の中に塩を加え溶かしてください。

    塩を溶かしいれたら、上から一緒に炊く具材を加え、鍋炊きします。
    (具材を入れた後は特に混ぜる必要もありません。米が下、具材が上の状態でOK)
    炊き上がったらしゃもじで底からやさしくかき混ぜて完成です。
    →詳しい鍋炊きの炊き方は、「鍋炊きごはんの作り方」で紹介していますのでご覧ください。

       

  3. 塩味の炊き込みごはんリンク集
    むかごご飯、 豆ごはん、 さつまいもご飯、 栗ごはん
    とうもろこしご飯、 銀杏ごはん、 枝豆ごはん


  4. 炊飯器で炊く『だし味の炊き込みご飯』
    まず炊く分量の米を研いで浸水させておきます。浸水時間は30分以上。
    その間に、だし:薄口醤油:みりんが10:1:1の割合で合わせておきます。
    2合を炊く場合は「だし400ml、薄口醤油40ml、みりん40ml」、
    3合を炊く場合は「だし600ml、薄口しょうゆ60ml、みりん60ml」が目安となります。

       

    米が浸水できたら、ざるにあけて水気をしっかり切ります。
    その浸水させた米を炊飯器の釜に入れ、炊く米の分量の目盛りまで用意した炊き込みごはんの地を加え、
    はじめから具材を加えてスイッチを入れます。(具材を加えた後は特に混ぜる必要もありません。米が下、具材が上の状態でOK)
    炊き上がったらしゃもじで底からやさしくかき混ぜて完成です。

      
    炊飯器炊きの場合は、目安で合わせた炊き込みご飯の地を、ご家庭の炊飯器の内釜の目盛りに合わせて使ってください!
     もちろん地が余ることもありますので、そのときは目盛りを優先してください。
    (余った炊き込みご飯の地は、味噌汁のだしに加えたり、お浸しの地や煮物に少し足すなどして使っても)


  5. 鍋で炊く『だし味の炊き込みご飯』
    まず炊く分量の米を研いで浸水させておきます。浸水時間は炊飯器と同様に30分以上。
    その間に、だし:薄口醤油:みりんが10:1:1の割合で合わせておきます。
    2合を炊く場合は「だし400ml、薄口醤油40ml、みりん40ml」、
    3合を炊く場合は「だし600ml、薄口しょうゆ60ml、みりん60ml」が目安となります。

       

    米が浸水できたら、ざるにあけて水気をしっかり切り、
    水気を切った米と同量(同体積)の合わせ調味料をきっちり量って鍋に合わせます。
    その上に具材をのせて鍋炊きします。
    →詳しい鍋炊きの炊き方は、「鍋炊きごはんの作り方」で紹介していますのでご覧ください。

      
      


    だし味の炊き込みごはんリンク集
    かやくご飯、 冬の炊き込みご飯、 ねぎご飯、 ひじきご飯
    みょうがご飯、 里芋ご飯、 鯛めし、 牡蠣の炊き込みご飯

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

ごはんスタジオアイコン 和弁当ブログアイコン
ごはんスタジオブログアイコン
簡単スピードCookアイコン

【 サイト内検索 】

Google
WWW を検索 sirogohan.com を検索
スポンサーリンク

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!