紅生姜の作り方/レシピ

紅ショウガの写真
このサイトは、料理研究家 冨田ただすけによる、昔ながらのほっこり系ごはんを伝えるためのレシピサイトです ⇒ HOME画面へ
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

紅生姜の作り方/レシピ

あったらうれしい紅生姜。丼ものに、焼き麺に、時には肉料理にそえるのもおすすめ。意外と登場回数は多いものです。
その紅生姜、もちろん中国産の加工品は安くスーパーで手に入りますが、やっぱり手作りが安心で且つ美味しいもの。
赤梅酢を使った紅生姜の作り方を紹介します。

紅ショウガの写真

 【 紅しょうがの材料 】

  • 新生姜 … 500g
  • 自然塩 … 大さじ1(約15g)
  • 赤梅酢 … 約200ml(生姜が漬かる程度)
スポンサーリンク

  1. 生姜の下処理
    辛みもマイルドでやわらかく、みずみずしい新生姜を使って『紅しょうが』を作ります。 新生姜は皮をむかずに、根元から切り分けて、汚れをさっと洗います。

      
    ※新生姜ではない普通の生姜(ひね生姜)を使う場合は、皮をむいてから作ってください(新生姜との違いは下の補足参照)。


  2. 紅しょうがの作り方(下漬け)
    皮ごと新生姜を繊維にそって、3~4mmにスライスします。スライスした新生姜はボウルなどに移して、 生姜の重量に対して約3%(今回は自然塩15g)の塩を振り、全体を混ぜ合わせて1時間なじませます(このとき重しをするとよりよいです)。

       
    ※精製塩を使う場合は自然塩とは体積が違うので、15gがおよそ小さじ2と1/2ほどになります。


  3. 紅しょうがの作り方(本漬け)
    1時間ほど置いておくと、塩がなじんで生姜から水気が出てきます。 そうすれば、ギュッと両手でしっかりと生姜をしぼって、ざるに並べて風通しのよい日陰で半日ほど干します。
    ※時間がないときは、スライスした生姜を干すことを省いても大丈夫ですが、生姜をしぼる所をしっかりと行ってから本漬けに移ってください!

       

    数時間干して、生姜が乾いてきたら、きれいな保存容器に移し、赤梅酢をひたひたになるまで加えます(本漬け)。 赤梅酢を入れてから半日後には色が落ちついて、きれいな赤色の紅ショウガになってくれます (保存は冷蔵庫で行ってください。そうすれば1年ほど日持ちします)。

      

    【 補足 】
    ・新生姜がない時期は普通の生姜(ひね生姜)でも作ることができます。その場合は皮をむいて同じように作るのですが、 新生姜で作ったものよりも、「少し辛みが強く、硬めの仕上がりになる」といった違いがあります。

    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・甘酢漬けいろいろ …  新生姜の甘酢漬けみょうがの甘酢漬け、 うどの甘酢漬け、 酢れんこん
    ・漬け物いろいろ … きゅうりの浅漬け、 白菜の漬物、 手作り柴漬け、 ぬか床の作り方・手入れ

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

トップページアイコン
簡単スピードCookアイコン
LINEブログアイコン ブログアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!