おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ごはんがすすむ!カレーちりめんのレシピ/作り方

カレーちりめんの写真

調理時間:20分以下

ご飯がすすむ、カレー味のしらすの佃煮のようなもの。名付けて“カレーちりめん”

ふんわりとやわらかい口当たりの“釜揚げしらす”や“しらす干し”で作ると、子供も食べやすく、喜んでくれるご飯のお供になると思います!
【保存の目安:冷蔵で3〜4日ほど、冷凍で2〜3か月】

このレシピのキーワード
じゃこ
カレー味
さかな料理

印刷する

カレーちりめんの材料 (作りやすい分量)

  • しらす干し … 150g(釜揚げしらすなど柔らかいもの)
  • 酒 … 100ml
  • みりん … 大さじ3
  • 醤油(あれば薄口醤油) … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ1
  • カレー粉 … 大さじ1

スポンサーリンク

カレーちりめんの作り方

カレーちりめんの下ごしらえ

しらすは‟釜揚げしらす”などのやわらかいものを用意します。煮崩れしないよう、少しでも大きめのものがおすすめです。

カレー粉を入れてちょっとスパイシーに炊き上げることで、白ごはんが欲しくなるようなごはんのお供になってくれます。

火にかける前に、鍋にAの調味料をすべて合わせて混ぜ合わせます(醤油は普通の醤油でもOKですが、薄口醤油を使うとカレーの色が映えてくれます)。

カレーちりめんのレシピ/仕上げ

鍋を火にかけ、沸いたらしらすをすべて加えます。

箸でしらすをならして煮汁に浸し、火加減を少し落とします。ふつふつと沸く火加減で、7~9分かけて汁気を飛ばしていきます

※しらすは煮崩れしやすいので、何度も箸でさわるのはNGです。鍋肌にくっついたしらすを箸で落としたり、全体を混ぜるときは1~2度ほど箸でやさしく上下を返すくらいにします。

7~9分ほどで煮汁もかなり少なくなっているはずです。ほとんど煮汁がなくなれば火から鍋を外します。

バットなどにカレーちりめんを広げて粗熱を取ります。ごはんの上にたっぷりとのっけていただきましょう!

【補足】

  • このカレーちりめんは(ちりめんと名前はつけてるものの)、しっとりとした柔らかい仕上がりにしたほうが食べやすいと思っています。
  • 冷蔵庫で3~4日は保存可能です。冷凍保存も可能なので、食べきれないものは冷凍しておきましょう。解凍方法は、冷蔵庫で自然解凍後、レンジ等で再加熱してから食べるとよいです。
  • いわしの稚魚を塩ゆでして干したものを“しらす干し”と呼びますが、どうやら干し加減を柔らかめに仕上げにしたものを“しらす干し”、硬めに干したものを“ちりめんじゃこ”、と区別して呼ぶ地域もあるようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
じゃこ
カレー味
さかな料理

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ