おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ちくわの磯辺揚げの簡単レシピ/作り方

ちくわの磯辺揚げの写真

調理時間:10分以下

ちょっとしたおつまみに、うどんなどのボリュームアップに、あると嬉しいちくわの磯辺揚げ。

簡単な手順だけど、ちゃんと美味しく作れるレシピを紹介したいと思います。

このレシピのキーワード
ちくわ
揚げ物
お酒のつまみ

印刷する

ちくわの磯辺揚げの材料 (2~3人分)

  • ちくわ … 150g(細3~4本ほど)
  • 生姜 … 少々(1/2かけ、5gほど)
  • 青のり … 小さじ1/2ほど
  • 揚げ油 … 適量
  • 小麦粉 … 大さじ4
  • 水 … 大さじ3

スポンサーリンク

ちくわの磯辺揚げの簡単な作り方

ちくわの磯辺揚げの下ごしらえ

ちくわの磯辺揚げは、シンプルに小麦粉ベースの衣を作って、青のりを入れて揚げるだけ、これだけの手順です。

ちょっとひと手間加えるポイントとしては『生姜のしぼり汁を加えるとより美味しくなる』と思います。

※生姜はあればぜひ生の生姜をすりおろして、しぼり汁にしてみてください。ちくわ自体がうまみが強いものが多いので、少しの生姜が入ることでさっぱりと食べ飽きない味に仕上がります!もちろん生姜がなければ、省いてもOKなポイントです。

まず、ちくわは食べやすい長さに切ってから、縦半分にします。

※1本丸ごとを揚げると、ちくわの穴に入った衣がカラッと揚がらないこともあったり、油が切りにくくなったりするので半分に切ってから揚げるとよいです。

ボウルに小麦粉(大さじ4ほど)と青のりを入れ、分量の水(大さじ3ほど)を加えます。衣だけでざっくりと混ぜ合わせてから、ちくわを加えます。

ちくわと衣がおおよそ混ざって、ねっとりと絡みついてきたら、生姜のしぼり汁を全体にふりかけて、さっとひと混ぜします。

ちくわの磯辺揚げのレシピ/作り方

揚げ油を火にかけておき、180℃にしておきます。

衣が絡んだ状態のちくわを油に落とし、時間は1分ほどを目安に揚げます。

途中、ちくわが膨らむこともありますが、油から出したらしぼむので、気にしないでOKです。

ちくわの表面が少しだけこんがりと色づいたら取り出します(ちくわを箸で1つずつつかんでしっかりと油を切ってから)。

※揚げたてをそのままいただいたり、麺料理に合わせたり、納豆をたっぷりと上からかけて食べても美味しいです。

【補足】

  • 卵を入れて衣を作るレシピもありますが、卵1個を合わせようと思うと衣の量が多くなってしまうので、2~3人分を揚げるなら卵なしの衣のほうが良いと思います。
  • ちくわを揚げずに、青のりと一緒に甘辛く炒めるレシピもあります!→「ちくわの磯辺炒め」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ちくわ
揚げ物
お酒のつまみ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ