おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

絶品!親子丼のレシピ/作り方

親子丼の写真

調理時間:20分以下

卵と鶏肉だけで作れるレシピの手軽さもあって、「親子丼」はとても馴染みのある家庭料理ですが、作り方は意外と難しいもの。

「親子丼」を1人前ずつ煮汁から作ると、卵の固まり具合も、味そのものも、少し油断すると毎回違ってしまいます…

手軽で美味しい作り方のコツは、①鶏肉をあらかじめ煮汁でまとめて煮ておくこと、②片手鍋などで2人前を一度に作ること。そうすれば手軽においしい親子丼が作ることができます!ぜひこのレシピ、お試しください。

このレシピのキーワード
鶏肉
三つ葉

印刷する

親子丼の材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 100g
  • 卵 … 4個
  • 三つ葉 … 1/4束ほど
  • だし汁 … 大さじ4(60ml)
  • みりん  … 大さじ4(60ml)
  • 濃口醤油 … 大さじ3(45ml)
  • 砂糖 … 小さじ2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

絶品!親子丼の作り方

親子丼の鶏肉はまとまて煮ておく!

親子丼には食べ応えのある鶏もも肉がおすすめです。1~2㎝角か、1㎝幅ほどのそぎ切りなど、食べやすく火の通りやすい大きさに切ります。

切った鶏肉は『前もってまとめて煮ておくこと』がポイント。そうすることで味がぶれずに、2人分、4人分と数が増えたときでも親子丼をスピーディーに作ることができ、しかも仕上げの時には“卵の火入れ具合にだけ集中”することができます!

このレシピでは2人分をまとめて作ります。まずAを鍋に合わせて沸かし、鶏肉を入れて火を通します(※もし玉ねぎを入れたい場合は、鶏肉といっしょに入れて火を通しておきましょう!)。

※煮汁に使うだし汁は、少し濃い目のほうが美味しく仕上がります。水に対して昆布1%、鰹節2%くらいのだし汁がおすすめです!⇒「昆布とかつおの基本のだしの取り方」

親子丼の卵の溶き加減は?

親子丼1人前で2個、2人前なら4個の卵を使用します。卵の溶き加減に関しては、生っぽい白身が好きかどうかで決めるとよいと思います。
・卵をあまり溶かなければ、表面つややか、生っぽい白身も残るとろとろの仕上がりに。
・卵をしっかり溶けば、表面のつややかさは多少なくなりますが、ふわっと卵の食感が残る親子丼に。

もちろん卵の溶き方だけで親子丼のとろとろ具合が決まるわけではないので、一概には言えませんが、 私は白身感も少し残ったほうが好みなので、箸で黄身を潰したあとに10回くらい溶いて、白身の塊も少し残して仕上げています。 また、卵と三つ葉を入れるタイミングは同じなので、溶いた卵にざく切りにした三つ葉も混ぜ合わせておきます。

親子丼の作り方(卵のとじ方)

親子丼の最後の仕上げは、親子丼専用の鍋を使ってもよいですし、2人前くらいをまとめて作れる、少し大きめの片手鍋などで作っても、 どちらでもOKです(今回は親子丼専用の鍋が家庭に必ずあるとは限らないので、片手鍋でまとめて作る作り方を紹介します)。

※まとめて作る場合は(木蓋でも何でも)蓋のできる鍋で作りましょう!(蓋は卵を蒸らすときに必要になります)

【2人前を同時に作るときのレシピ】
下の写真のように、ふつふつ煮汁が沸いてきたら卵の入れ時です。火加減は中火を少し弱くしたくらい。 ここで卵の3/4 を全体にまわしかけるように入れます。1分弱ほどそのまま火にかけます。

※このとき中央に大きな白身の塊があれば、火の通りやすい鍋肌に箸でやさしく移動してあげてください。

次に残りの1/4の卵をツヤだしのために後から加え、そのまま30秒ほど火にかけてから、火を止めます。 火を止めてからは、蓋をして1分待って完成です。お玉で半熟に近い卵と煮汁を半量ずつ、あつあつのご飯にのせていただきます。

【補足】

  • 事前に鶏肉に火を入れるのは、仕上げの卵の火の入れ加減に集中できる!というメリット以外にも、鶏肉(玉ねぎを入れるときは玉ねぎ)にも味がしっかりつくので美味しく仕上がります。
  • 鶏肉とAを合わせて火を通したものは、冷凍しておけるので、多めに作るのもおすすめです。次回すぐに親子丼を作れます。
  • 1人前ずつ親子丼専用の鍋で作る場合は、火加減と時間をそれぞれ少し加減して、調整しながらやってみてください。ちなみに1人前の煮汁は75mlくらいずつになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

書籍の紹介

書籍:ごはんがおいしい「野菜のおかず」の表紙

ごはんがおいしい「野菜のおかず」
はじめての野菜の和食レシピ本が発売中です! 和食は野菜の持ち味をいかすのにぴったりな調理法。ごはんが進む味付けで、簡単なものからボリュームのあるおかずまで、季節ごとに野菜料理をまとめています。
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook
  • 白ごはん.com 公式インスタグラム

冬に食べたいごはんとみそ汁ランキング