おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

浅漬けの作り方/レシピの基本

浅漬けの作り方の基本の写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

家で簡単に数時間で作れる浅漬け。作っておくとなにかと便利なので、ぜひ定番料理として覚えてほしいレシピです。

作れば2~3日は食べられることもあり、『日持ちするサラダ』感覚で、我が家でもよく作っています。 野菜に対する塩の割合から、3種類の漬けこみ方まで、詳しく紹介したいと思います。

このレシピのキーワード
浅漬け
毎日の食事
きゅうり
朝ごはん
お酒のつまみ

印刷する

浅漬けの基本の材料(作りやすい分量)

  • 季節の野菜 … 適量
  • 塩 … 野菜の重さの2%
  • 昆布 … 野菜の重さの1~2%

※昆布は必要がある場合のみ加えるので、
各レシピを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

浅漬けの作り方/レシピの基本の作り方

浅漬けの塩の分量

浅漬けを作る時の、塩の分量はどの野菜に対しても共通でOKです。 『野菜の重さに対して2%の塩を加える』のが基本のレシピとなります(慣れないうちは、きちんと野菜と塩の重さを量って作るのがおすすめです!)。

※重さが量れない場合は、小さじ1の塩(約5g)が250gの野菜に対する分量となるので、ネットでそれぞれの野菜の重さを調べるなどして、塩の分量を決めてください。

野菜と塩以外に浅漬けに必要なもの
基本的には野菜と塩だけで美味しい浅漬けは作れるのですが、発酵させないサラダのような漬け物なので、風味やうまみを足してあげるとより美味しくなります。

・漬け込む時に一緒に入れるもの … 昆布、唐辛子、生姜、柚子、みりん、酒など。
・漬け込んだ後に加えたりするもの … 醤油、ごま、大葉の千切りなど。

浅漬けの漬け方3種類

野菜に対する塩の量、混ぜ込むものが決まれば、後は漬け込むだけです。その漬け込み方も3種類あるので、それぞれ紹介しようと思います。 上から順に『バットで作る浅漬け』、『浅漬け器を使って作る浅漬け』、『ボウルの中で手軽に作る浅漬け』、この3つです。

『バットを使った浅漬けの作り方』

白ごはん.comの一番おすすめの浅漬けの作り方です。おすすめの理由は、『野菜に均一に重しがかかり』『洗いものが少なくてすむから』

用意するものは、バット2枚とジップロック。切った野菜をジップロックに入れ、2%の塩を加えて袋の中でよく混ぜ合わせます。

混ぜ合わせたら、ジップロックの空気を抜いて平らに広げ、バットではさんで重しをして冷蔵庫に入れます。 野菜の重さの4~5倍の重しをのせて、数時間で完成です(理想の重しと漬け込む時間は野菜によって異なります!) ※平らなバットを2枚使うことで、野菜を広げて漬けることができ、均一に重さがかかるので、漬かるのも早いと思います。

※重しは、冷蔵庫にあるジャムの瓶でも、味噌のパックでも、2Lの水でも何でもOKです。私は河原でいくつか漬け物に最適な大きさの石を拾ってきて、漬け物石として使っています↑

『浅漬け器を使った、浅漬けの作り方』

2番目は浅漬け器を使います。ちょっと場所を取りますが、持っている方には手軽に作れる方法かもしれません。 漬け込み方は①と同じで、塩を混ぜ込んで、浅漬け器で重しをかけて数時間で完成です。

『ボウルを使った、浅漬けの作り方』

最後はボウルを使って作ります。これは漬かりやすい野菜には比較的適している漬け込み方です。 漬け込み方はこれまでと同じく、ボウルの中で塩を混ぜ込み、平らなお皿を載せて、重しをして数時間待ちます。 重しが倒れたり、均一に漬かりにくいのが難点ですが、きゅうりなどの塩がなじみやすい野菜などに適しています。

※『野菜を細かめに切る』などの工夫をするとどんな野菜でも均一に漬かりやすくなります!

浅漬けができたら

浅漬けができたら、好みの薬味(ごまや大葉の千切りなど)を混ぜ合わせて、食卓にもっていきましょう! ごはんと食べるときなどは、浅漬けといえども、醤油を少しかけるとより美味しくなるものもあります(ここはお好みで)。

右の関連レシピなども参考に、いろいろな浅漬けを手軽に、『日持ちするサラダ』のような感覚でぜひ作ってみてください!

【補足】

  • 野菜や漬け込む薬味類にもよりますが、塩が2%くらいの浅漬けは、作ってから2日くらいで食べきるのがよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ