おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

キャベツの浅漬けのレシピ/作り方

キャベツの浅漬けの写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

通年美味しく食べることのできる浅漬けレシピといえば「キャベツの浅漬け」です。

今回の浅漬けはキャベツ、にんじん、昆布、ごまの4種を合わせて作ります。仕上げに食卓で少しだけ醤油をたらしてくださいね。

このレシピのキーワード
キャベツ
浅漬け
朝ごはん
お酒のつまみ

印刷する

キャベツの浅漬けの材料(作りやすい分量)

  • キャベツ … 200g
  • にんじん … 1/3本
  • 自然塩  … 野菜の重量に対して1.5%
    ※塩の分量については下記レシピ参照
  • 昆布   … 野菜の重量に対して0.5%
  • 白炒りごま … 小さじ1
  • 醤油   … 少々

スポンサーリンク

キャベツの浅漬けの作り方

浅漬けの基本

浅漬けの基本は『浅漬けレシピの基本』を参考にしてください。 その中で紹介した3種類の漬け方から、“バットを使った漬け方”でキャベツの浅漬けレシピを紹介しようと思います。

『野菜の重さに対して2%の塩を加える』のが浅漬けの基本レシピとなるのですが、 キャベツに関しては少し塩が少ない方が美味しいと思います。白菜やきゅうりなどに比べると水分も少ないので、 『キャベツの重さに対して1.5%の塩を加える』レシピにしています。 ですので、今回キャベツとにんじんを合わせて250gだったので、塩は1.5%の3.75g(小さじ3/4)を合わせます。

※慣れないうちは、きちんと野菜と塩の重さを量って作るのがおすすめです。また、精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。目安として精製塩は小さじ1が約6g、自然塩は小さじ1が約5gです。

※“バットを使った漬け方”以外は『浅漬けのレシピの基本』を参考にしてください。

キャベツの浅漬けの下ごしらえ

キャベツの浅漬けには、『昆布』を入れたほうが美味しいので、昆布も少量でよいので用意しておきます。 その際、昆布の旨みがいきわたるように、昆布は細く切ってから漬け込むのがよいです。キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。

キャベツは3~4cm角に切り、にんじんは3~4㎝長さのせん切りにします(もし生姜があればせん切りにして、一緒に加えても美味しいです)。

浅漬けをジップロックなどの袋に入れて、バットで挟んで均一に重しをかけるのですが、 袋の中だけでは塩や昆布がよく混ざらないので、はじめにボウルで混ぜてから袋に移します。

キャベツの浅漬けの漬け方/作り方

キャベツを袋に入れたらバットに平らに広げ、その上にバットを置いて4~5倍の重しをかけて冷蔵庫に入れます。

漬け込む時間は2~3時間で十分。食べる直前に手でぎゅっと水気をしぼってから器に盛り付け、相性のよい炒りごまを手で軽くつぶして振りかけます。 仕上げに醤油を少量かけていただきましょう。

【補足】

  • 器情報:稲村真耶さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ