おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

かぶの浅漬け(即席漬け)のレシピ/作り方

かぶの浅漬け(即席漬け)の写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

『浅漬けの基本』で紹介した作り方をベースに、かぶの浅漬けは少し調味料をプラスします。

かぶは葉っぱも一緒に美味しく食べたいので、塩だけでなく他の調味料を加えたほうが美味しく仕上がると思うから。 作り方は下漬け不要で、比較的簡単なのでぜひ葉っぱとセットでお試しください!

このレシピのキーワード
かぶ
かぶや大根の葉
浅漬け
お酒のつまみ
朝ごはん
市販品を自家製で
常備菜

印刷する

かぶの浅漬け(即席漬け)の材料(作りやすい分量)

  • かぶ … 3個(約350g)
  • 塩 … 野菜の重さの2.5~3%
  • 昆布 … 野菜の重さの1%
  • 輪切り唐辛子 … 少々
  • 砂糖 … 大さじ1~1・1/2
  • 穀物酢 … 大さじ2

スポンサーリンク

葉っぱも美味しい!かぶの浅漬け(即席漬け)の作り方

浅漬けの基本とかぶの浅漬けの特徴

今回の浅漬けは、かぶの実と葉っぱ、両方を美味しく食べるレシピです。 『浅漬けの基本』では『野菜の重さに対して2%の塩を加える』ことを基本として紹介していますが、このかぶの浅漬けに関しては少し例外。

塩だけでは少し苦みやクセが残ってしまうかぶの葉っぱを美味しく食べるために、 塩を増やし、調味料(酢と砂糖)を加えるレシピにしています。昆布・唐辛子も入れたほうが美味しくなるので材料に組み込んでいます。

かぶの浅漬け/即席漬けのレシピ

かぶの浅漬けに使うかぶは、1玉が100gほどの小かぶがおすすめ。そのくらいの大きさであれば皮をむく必要がなく、葉っぱも浅漬けで食べやすいからです。 葉っぱはきれいに水洗いして、かぶは皮ごと3~5㎜幅に、葉っぱは3~4cm幅に切ります。

それから加える塩の分量は、『かぶの実と葉の合計重量に対して2.5~3%の塩』。 一般的な浅漬けは2%くらいですが、少し塩を強めにした方が美味しくなると思います。 大きめのボウルなどの中で野菜を塩を混ぜ合わせると、万遍なく塩がいきわたり漬かりが早くなります。

※塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4~5gです。

下ごしらえしたかぶと塩を混ぜ合わせたら、漬物容器やジップロックなどに移して重しをかけて漬け込みます。 この時に加えるのが昆布・輪切り唐辛子・穀物酢・砂糖です。これらも全体にしっかりと混ぜ合わせて漬け込み、重しをかけて冷蔵庫に移します!

※昆布を後から一緒に食べるためと旨みを全体にいきわたらせるために、昆布は細く切ってから漬け込むのがよいです。キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。

冷蔵庫に移したら、6時間後くらいから美味しく食べることができます(1~2時間後だとまだ青臭さがありました)。できれば1日以上漬け込んでからいただきましょう!

食べるときは汁気を軽くしぼってからいただきます。漬け込んだら冷蔵庫で4~5日保存可能です

【補足】

  • 器情報:黒川元晴さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ