おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

水菜の漬物のレシピ/作り方

水菜の漬物の写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

『浅漬けのレシピの基本』で紹介した浅漬けの作り方で、水菜の漬物も作ることができます。

加えるのは昆布と唐辛子。半日漬ければ出来上がるので、寒い時期の食卓にぜひ活用してみてください!

このレシピのキーワード
水菜
浅漬け
朝ごはん

印刷する

水菜の漬物の材料(作りやすい分量)

  • 水菜 … 1束
  • 塩 … 野菜の重さの2%強
  • 昆布 … 野菜の重さの1%
  • 唐辛子 … 1本
  • 食べるときにかつお節や醤油を適宜

スポンサーリンク

水菜の漬物の作り方

浅漬けの基本

浅漬けの基本は『浅漬けのレシピの基本』を参考にしてください。 その中で紹介した3種の漬け方から、一番おすすめの“バットを使った漬け方”にて水菜の漬物レシピを紹介しようと思います。

『野菜の重さに対して2%の塩を加える』のが浅漬け基本のレシピとなります。
※ただ、水菜は他のきゅうりや白菜などの浅漬けに比べ、塩がききづらいので少しだけ塩気を強くしても美味しいと思います。 今回水菜1束(根元を切り落として)270g、塩は2%より少し多めにして2.5%の7g弱(自然塩小さじ1と1/3)を加えました。

※塩は精製塩と自然塩で、同じ小さじ1でも重さが異なるので注意してください。目安としては精製塩は小さじ1が6g、自然塩は小さじ1が4~5gです。

※慣れないうちは、きちんと野菜と塩の重さを量って作るのがおすすめです。また、“バットを使った漬け方”以外の漬け方は、浅漬けのレシピの基本を参考にしてください。

水菜の漬け物の下ごしらえ

水菜の漬物には、『昆布』を入れたほうが美味しいので、昆布も少量(野菜の重さに対して1%)ほど用意しておきます。

ちなみに、昆布の旨みがいきわたるように、昆布は細く切ってから漬け込むのがよいです。キッチンはさみで切るのですが、切る前にさっと火であぶるとバリバリとかけらが飛び散ることなく、細く切ることができます。

水菜はよく根元を切り落としてから水洗いして、4~5㎝幅に切っておきます。 また、唐辛子は種を取り除いてから、輪切りにしたものを用意しておきます。

※水菜の漬けものは束のままきれいに漬け込む方法もありますが、束にしない方が塩がよりなじみやすいので今回はその方法で。

水菜の漬物の塩の利かせ方

水菜はジップロックの中だけでは塩や昆布がよく混ざらないので、袋に入れる前にボウルで混ぜるとよいです。 分量の塩を混ぜ、次いで昆布と唐辛子も混ぜ合わせたら、ジップロックの袋に入れます。

水菜の漬物の漬け方/仕上げ

③で水菜を袋に入れたらバットに平らに広げ、その上にバットを置いて4~5倍の重しをかけて冷蔵庫に入れます。漬け込む時間は4~6時間ほどです。

4時間程度漬けこんでから、食べる直前に一度袋の中で水菜をもんで完成なのですが、普通の浅漬けよりも塩気を強くしているので汁気をしっかりしぼることが大切です。

しぼるときは食べる分量だけをしぼり、しぼった状態で食べてみてください。少し塩気が強く感じたら、水の中に短時間つけて塩を少し抜いてからいただきましょう。

好みでかつお節をかけたり、醤油を少量かけたりしても美味しいです。

【補足】

  • 水菜には多少苦味があるので、それが強い場合はかつお節を加えることで食べやすくなってくれます。
  • 唐辛子も入っているので、作ってから2~3日以内で食べきるとよいです。何回かに分けて食べるときは、漬け始めと同じように空気を抜いて、水が上がった状態で保存しておいてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ