おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

水菜と鶏ささみの和風サラダのレシピ/作り方

水菜と鶏ささみの和風サラダの写真

調理時間:20分以下

材料は、水菜、鶏のささみ、椎茸の3つ。ドレッシングは、ごまをたっぷり使って、醤油と酢などを合わせ、ごま油で香りを立たせます!

水菜のサラダの中でもさっぱりとした和風タイプのレシピです。

このレシピのキーワード
水菜
サラダ
鶏ささみ
椎茸

印刷する

水菜と鶏ささみの和風サラダの材料(2~3人分)

  • サラダ水菜 … 100g
  • 椎茸 … 3~4枚
  • 鶏のささみ … 2本(約100g)
  • 濃口醤油 … 大さじ2
  • 酢 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1
  • ごま油 … 小さじ1+α(αは仕上げ用)
  • 炒りごま … 大さじ1

スポンサーリンク

水菜と鶏ささみの和風サラダの作り方

水菜サラダの下ごしらえ

水菜はサラダ用のもののほうが、苦味が少なく生で食べるのには食べやすくなっているのでおすすめです。水菜は4~5㎝幅に、椎茸は軸を切り落として5~6㎜幅に切ります。

鶏のささみはゆでてから手で食べやすい大きさに裂きます。→ふっくら柔らかく火を通すゆで方は『ささみの筋の取り方とゆで方』を見てみてください。 椎茸はささみと一緒にゆでてもいいのですが、今回はささみにふっくら火を通すために低い温度で調理したので、別でフライパンで焼きました。焼いた後に塩を全体に軽くふって(分量外)、粗熱を取ります。

         

水菜サラダのごまドレッシングの作り方

水菜には風味の強い“ごまドレッシング”が相性がよいように思います。 炒りごまは、すり鉢などでごまの半分がつぶれるくらいの“半ずり”にして、 あとはAの残りの調味料、醤油、酢、みりん、ごま油を加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておきます。

水菜サラダの作り方(仕上げ)

材料が準備できたら、水菜とささみ、椎茸をボウルで合わせます。 合わせたサラダを皿に盛り、上からドレッシングをかけます。 最後にごま油をドレッシングとは別に、ひとまわり、サラダに回しかけて完成です!

※水菜とドレッシングだけはしっかり冷やした状態で、水菜サラダの仕上げに入りましょう!

【補足】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ