おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

モロヘイヤと豆腐の味噌汁のレシピ/作り方

モロヘイヤと豆腐の味噌汁の写真

調理時間:10分以下

つるりとしたぬめりの出るモロヘイヤに、のどごしのよい絹ごし豆腐とえのき茸を合わせた夏らしい味噌汁です。

「モロヘイヤの下ごしらえ」のページと合わせてチェックしてみてください。

このレシピのキーワード
夏野菜

印刷する

モロヘイヤと豆腐の味噌汁の材料(3人分前後)

  • モロヘイヤ … 1/2袋
  • 絹ごし豆腐 … 1/3~1/4丁
  • えのき茸 … 1/2袋
  • 白いりごま … 少々
  • だし汁 … 500ml
  • 味噌 … 大さじ2と1/2ほど

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

モロヘイヤと豆腐の味噌汁の作り方

モロヘイヤの味噌汁の下ごしらえ

モロヘイヤは茎から葉っぱを手でちぎり、茎は穂先側半分ほどを2㎝幅に切ります→茎の下ごしらえの詳細は「モロヘイヤの下ごしらえ」も参考に!

豆腐は1㎝角ほどに切ります(のどごしのよい絹ごし豆腐がおすすめです)。また、えのき茸は石づきを切り落としてから2~3㎝幅に切ります。

※だしは煮干だしでも、かつおだしでも、お好みのだしを用意してください。

モロヘイヤの味噌汁のレシピ/作り方

鍋にだしを沸かして火を少し弱め、モロヘイヤの茎、えのき、豆腐を加えて、具材に軽く(1分ほど)火を通します。

続けてモロヘイヤの葉を入れてひと混ぜし、色が変わって火が通れば、火を弱めてみそを溶き入れます。*味を見ながら味噌大さじ2と1/2を目安に調整してみてください。

沸騰直前まで再度温めた汁を椀に盛り付け、仕上げにごまをふって完成です。

【補足】

  • モロヘイヤと同じようにぬめりの出るオクラを刻んで加えても美味しいです。
  • 個人的には味噌汁をひとつのおかずのように、ごはんに合うものに仕上げたいので、味が濃いめのほうが好きです。家庭で使っている味噌の濃さや、味噌汁を「おかずっぽく濃く仕上げるか」「さらりとした汁物とするか」などの好みで、 味噌の分量を調整してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ