おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ゴーヤの豚みそのレシピ/作り方

ゴーヤの豚みその写真

調理時間:10分以下

ごはんが進む「豚みそ」に夏が旬の「ゴーヤ」をプラスして、夏らしいご飯のお供レシピを作りました!

味が濃いものにゴーヤを加えるときは、特に苦味をやわらげる下ごしらえも必要もないので、作りやすいレシピだと思います。※このレシピでもゴーヤ嫌いのうちの娘は「苦くない」と食べてくれました!

このレシピのキーワード
ゴーヤ
夏野菜
豚肉
みそ

印刷する

ゴーヤの豚みその材料(作りやすい分量)

  • ゴーヤー … 小1/2本(大なら1/3本)
  • 豚ばら肉(薄切り) … 50g(※)
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • みそ … 100g
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

※豚ひき肉でも代用可能です。

スポンサーリンク

ゴーヤの豚みその作り方

ゴーヤの豚みその下ごしらえ

『ゴーヤ、豚肉、みそ』という炒め物などにもよく登場する組み合わせで、ご飯が進む「豚みそ」を作ります。冷蔵庫にゴーヤがちょっと余った時などにぜひ試してほしい一品です。

ゴーヤは縦半分に切ってワタと種を除き、さらに縦に等分に切ってから3~4㎜幅に刻みます。→ゴーヤの下ごしらえの詳細も参考に!

また、豚肉は1㎝弱四方くらいに切ります。ただ、どちらも火を通してみそと合わせるので、ご飯といっしょに食べやすい大きさであれば、多少粗くてもOKです。

※豚肉は食感が残るように今回は豚バラ肉を切って使いましたが、好みで豚ひき肉に置き換えてみてください。

ゴーヤの豚みそのレシピ/作り方

フライパンに豚肉とゴーヤを入れて弱めの中火で炒めます(※切ったゴーヤには特別な下ごしらえは必要ないので、そのまま炒め始めます!)。

豚肉をほぐしながら、ゴーヤと共にしっかり火を通すよう炒めます。

※豚肉から脂が出るので、特にはじめに油を加える必要もないと思います。

豚肉とゴーヤに火が通れば、Aの調味料を加えます。火を弱火にして、ヘラなどを使ってみそと調味料、具材がまんべんなく混ざるようにします。

ダマのないように混ぜれば、そこから1~2分ほど弱火で軽く煮詰めます(時おりフライパンを振ってあげます)。

※みそが硬くて混ざりにくそうなときは、炒め始める工程①の段階で、Aの調味料をボウルなどの中で合わせておくとよいです!

仕上げに黒こしょう少々を加えて混ぜ、完成です。

保存期間は冷蔵庫で10日ほどが目安です。ひとつ気を付けてほしいのは、冷蔵庫で保存しておいた豚みそは脂が少し固まっていることがあるので、レンジ600Wで30~40秒ほどさっと加熱してから食卓に出すと、より美味しく食べられると思います!

【補足】

  • みそはお家にあるものでOKですが、どちらかというとマイルドなみそのほうが合うと思います。塩気を強く感じる場合は、肉の割合を増やしたり、砂糖やみりんの甘みを少し追加するなどしてくてみださい。
  • はじめに豚肉やゴーヤをじっくり炒める工程があるので、フライパンで作ったほうがやりやすいと感じています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ