おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草のごま和えのレシピ/作り方

ほうれん草のごま和えの写真

調理時間:10分以下

どんな季節の野菜でも、和えるだけでおいしくなる“ごま和え”。

冬の季節には、ほうれん草もしくは春菊が代表的です。ほうれん草の根元の赤い部分も切り落とさずに掃除してごま和えにしましょう!

ほうれん草の下ゆでの方法から、ごま和え衣の作り方まで、くわしくレシピ紹介しています。

このレシピのキーワード
ほうれん草
ごま和え

印刷する

ほうれん草のごま和えの材料(作りやすい分量)

  • ほうれん草 … 1束
  • 白炒りごま … 大さじ1と1/2
  • 濃口醤油 … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 小さじ1/2~大さじ1/2

※砂糖の甘みは好みで調整してください。

スポンサーリンク

ほうれん草のごま和えの作り方

ほうれん草の下処理とゆで方

ほうれん草は下処理をして洗ってから下ゆでします。冷水にとって3~4㎝幅に切り、切った後にもう一度水気をしぼります。ここまで用意できたら、和え衣と和えるまで冷蔵庫で冷やしておきましょう。

※ほうれん草はざっくり根元を切り落とさずに、根元を少し残して一緒に食べるとよいと思います。少しの赤みが彩りも増してくれます。 根元を食べるやり方は、ほうれん草のゆで方を参考に!

ほうれん草のごま和えの仕上げ

すり鉢に分量のごまを入れ、粗めにすります。すり加減は『半ずり』がおすすめ。ごまが半分つぶれ、半分そのまま残る加減です。ごまをすったあとに醤油と砂糖を加えて和え衣を作ります。 このとき砂糖の分量だけ小さじ1/2~大さじ1/2くらいの間で、ほうれん草自体の甘みや好みの加減で調整して加えるとよいと思います。

ほうれん草を和えるときにポイントとなるのが『和える直前に水気をしぼること』、それから『ほうれん草がぎゅっとしまっているので箸と手でほぐしながら和えること』です。 全体に衣が混ざったら、器に盛り付けて完成です。

※食べる直前に和え衣とほうれん草を和えることも大切です。何時間も前に和えてしまうと、ほうれん草から水気が出てべたついてしまいます!

【補足】

  • 炒りごまを使う場合も、ごまを少し炒ってから使うと非常に風味がよくなります→ごまの炒り方のページへ
  • 器情報:長森慶さんの器

ごまの色の違いによる使い分け

ブログにて白と黒の使い分けを詳しくまとめてみたので、こちらも参考にしてみてください!「白ごまと黒ごまの違いと使い分けについて」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ