大根おろしの作り方/おろし方

大根おろしの作り方の写真
このサイトは、料理研究家 冨田ただすけによる、昔ながらのほっこり系ごはんを伝えるためのレシピサイトです ⇒ HOME画面へ
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

大根おろしの作り方/おろし方

美味しい大根おろしを作るには、ポイントがいくつかあります。「どの部分をおろすのか」と「水気をどのくらい切るのか」、この2点。
おろし金を使って大根をおろす方法も2通りあります。料理屋さんでは巻きすを使っていたりもするんです!そちらも合わせて紹介します。

大根おろしの写真

 【 大根おろしの材料 】

  • 大根 … 適量
    (道具は下で紹介します)
スポンサーリンク

  1. 大根について
    大根は大きく3つの部分に分けられます。まず簡単におおまかな用途を紹介します。
    ①葉っぱ側 ・・・ 辛味が弱く、甘みのある部位。生食や漬物向き。大根おろしでも辛味が少なく食べやすい。
    ②中央   ・・・ 大根本来の甘みが強い部位。何にしても美味しい。大根おろしにするにも一番美味しい。
    ③根っこ側 ・・・ 辛味・アクが一番強い部位。味噌汁の具や漬物向き。大根おろしにすると辛さが際立つ。
    美味しい大根おろしを作るには、もちろん大根の美味しさが第一ですので、 辛い大根おろしが必要なとき以外は、できるだけ大根の中央部分(もしくは葉っぱ側)を使います。

      

    大根おろしは床を使うか以外にも「水気の切り方」が大切になってきます。 料理屋で大根をおろす時、おろし金を使うのは家庭となんら変わりはありません。 では何が違うのか。それはおろした大根の水気をどのくらいしぼるのか、しぼるのにどの道具を使うかです。 下に、2通りの道具を使った、大根のおろし方・水気のしぼり方を紹介します。


  2. 大根おろしを“ざるを使ってしぼる方法”
    用意するものは、おろし金とざるとボールです。おろした大根をざるの中に入れ、手の裏を使って押し出すように水気をしぼります。 大根おろしはこの水気のしぼり加減が大切です。全くしぼらないと大根の水気が料理の味を薄くしてしまうし、 しぼりすぎるとぱさついて美味しくなくなります。指でつまんだら、大根の汁がちょっとぽたぽたと落ちてくる、 そのくらいがよい加減だと思います。

      
      


  3. 大根おろしを“まきすを使ってしぼる方法”
    用意するものは、おろし金とまきすとバットです。 まきすの上に大根をおろすと、水気だけが下に落ちてくれますし、大根おろしを芯にして抑えるように力を入れると水気をしぼる加減も調節しやすいのです。

      
      

    【 補足 】
    ・大根おろしはおろして数時間たつとすぐに臭みが出てしまうので、できるだけ直前におろした方が美味しいです。 (臭みが出た場合だけ、さっと水で洗ってしぼるとよいです)

    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・大根おろしと合わせて … 厚焼き玉子、 なめこおろし、 なまこのおろし和え
    ・和食の薬味の基本 … わさびのおろし方、 粉からしの溶き方、 白髪ねぎの切り方

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

トップページアイコン
簡単スピードCookアイコン
LINEブログアイコン ブログアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!


↑火を使わず薬味としらすで、
ごはんが進む絶品しらす丼を!