おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

いろいろ野菜の卵ぞうすいのレシピ/作り方

野菜ぞうすいの写真

調理時間:20分以下

家にある秋冬野菜をたっぷり使って、ほっこり温まる雑炊に仕上げます。

お昼にさっと作って食べてもいいし、土鍋で作って晩ごはんに食べるのもおすすめ。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
野菜たっぷり

印刷する

いろいろ野菜の卵ぞうすいの材料(2~3人分)

  • 大根 … 2~3㎝分
  • にんじん … 1/5本
  • 白菜の葉 … 1枚
  • 椎茸 … 1~2枚
  • えのき茸 … 1/4束
  • 卵… 1個
  • あたたかいごはん … 茶碗軽く2杯分(250gほど)
  • だし汁 … 600ml
  • しょうゆ … 小さじ2
  • 塩 … 小さじ1/3

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

いろいろ野菜の卵ぞうすいの作り方

野菜ぞうすいの具材の下ごしらえ

今回の野菜ぞうすいでは白菜、にんじん、大根、椎茸、えのき茸を使いました。里芋やかぶ、れんこんや青菜などを加えても美味しいので、家にある野菜をさまざま取り合わせ、作ってみてください。

まず、大根とにんじんは2~3㎜幅のいちょう切りに、白菜は5~6㎜幅に切ります。鍋にだし汁を入れ、大根とにんじん、白菜の芯の部分を入れます。

椎茸とえのき茸は軸や石づきを切り落とし、椎茸は薄切りにして、えのき茸は1㎝幅に切ります。

それから、本格的な雑炊の下ごしらえに「あたたかいごはんを流水で洗ってぬめりを取る」というやり方があります。

これはごはんの余分なぬめりを洗い落して、さらっとした雑炊に仕上げるためなのですが、こちらもぜひ一度やってみてください。写真左のような手つきで、流水に当てながらごはんを10秒ほど混ぜながら洗えばOKです。

※ごはんは冷たい状態で洗うのではなく、温かい状態のものを洗うとよいです(そのほうがぬめりが取れるので)。もしごはんを洗わずに作る場合は、粘りが出やすいのでごはんの分量を少し少なめにするとよいです。

野菜ぞうすいのレシピ/作り方

鍋を火にかけ、沸いてきたら火を弱めて3~4分ほど煮て野菜に火を通します。続けて、白菜の葉、椎茸、えのき茸を加えて火を入れます。

すべての野菜に火が通れば、ご飯を加えて少しぐつぐつと煮て温めます。それからしょうゆと塩を加え、味付けします。

溶いた卵を入れ、ひと呼吸おいてからお玉で全体を混ぜ合わせて完成です。器に盛り付け、好みで刻みねぎやコショウなどを加えていただきます。

【補足】

  • 薬味としてコショウをふるのも味が少し引き締まって食べやすく美味しくなると思いますので、試してみてください。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ