おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

温製&冷製コーンスープ(ポタージュ)のレシピ/作り方

温製&冷製コーンスープの写真

調理時間:20分以下※昆布を水に浸しておく時間は除きます

バターや生クリーム、だしの素などを使わない”すっきりとした味わいのコーンスープレシピです。

生のとうもろこしの甘みをいかしたやさしい味わいに仕上げているので、温めても冷たくしてもどちらもOK。時期や用途に合わせて変えてみてください。

このレシピのキーワード
とうもろこし
じゃがいも

印刷する

コーンスープ/ポタージュの材料(2〜3人分)

  • とうもろこし … 1本
  • じゃが芋(男爵) … 大1/2個(100g)
  • 昆布だし … 250ml(※)
  • 牛乳 … 150ml
  • 塩(自然塩) … 小さじ1/2
  • こしょう … 好みで少々

※昆布の分量などについては下で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

コーンスープ/ポタージュの作り方

コーンスープ(ポタージュ)の材料

生のとうもろこしが出ている時期にぜひ作ってもらいたい、とうもろこしの甘みをいかしたレシピです。

使う野菜は‟とうもろこし”‟じゃが芋”。固形チキンスープやだしの素は使わず‟昆布だし(メイン)+牛乳(サブ)”の組み合わせで、野菜の甘みを引き立てて作ります。

まず、じゃが芋は昆布だしでやわらかく炊くので、薄いいちょう切りに。とうもろこしは長さを2〜3等分にして縦に置き、包丁で芯から実だけを切り落として使います。

昆布だしでじゃが芋に火を通す

昆布だしは250mlほど使います。※昆布だしは水に対して1%の重さの昆布で十分なので、水250mlに3㎝四方くらいの昆布を1枚入れて、30分くらいおいておくとよいです(もしくはまとめて水出ししておいて、250ml使っても)。

じゃが芋を昆布だしの入った鍋に入れ、弱めの中火にかけます(切ったじゃが芋は特に水にさらす必要もありません)。

沸く前からアクが出てくれば軽くすくい取り、沸いてきたら昆布を取り出します。蓋をして弱火で6〜7分ほど加熱して、じゃが芋にしっかり火を通します。

ミキサーにかけて、裏ごしする

じゃが芋に火が通ったら、①のとうもろこしと牛乳、鍋のじゃが芋と煮汁をすべて合わせ、ミキサーにかけます

しっかり撹拌したら、じゃが芋を煮た鍋で受ける形で、ミキサーにかけたものを裏ごしします

※ざるの目が細かすぎると濾しづらいので、普通のざるの目の大きさくらいがよいです。

ミキサーにかけたものをそのまま飲んでみると、とうもろこしの皮が口に残って口あたりが悪いので、裏ごしして飲みやすくするわけです。

このひと手間でぐっと美味しくなるので、下の写真のようにゴムヘラなどを使って濾してみてください(最後はざるの裏についたものも鍋に入れてくださいね)。

コーンスープ(ポタージュ)の仕上げ/作り方

裏ごししたものを再度火にかけ、塩(自然塩で小さじ1/2が目安)で味を調えます。沸騰直前まで温まれば完成です。

※そのまま温かい状態でも、粗熱が取れてから冷蔵庫に入れて冷たくしても、どちらでも美味しいレシピです!時期や合わせる料理などによって変えてみてください。

【補足】

  • 盛り付けるときに、好みでこしょう少々をふったり、オリーブオイルを少し垂らしたりしても美味しいですが、いずれもとうもろこしの甘みを引き立てる程度の分量がよいので、入れすぎ注意です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ