おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

サワラの西京焼き(味噌漬け焼き)のレシピ

サワラの西京焼き(味噌漬け焼き)の写真

調理時間:20分以下※下処理・漬け込む時間を除く

鰆(さわら)は、比較的どんな調理でも美味しく食べることのできる優等生ですが、今回はその鰆を西京焼き(味噌漬け焼き)にします。

白ごはんがたまらなく欲しくなる、定番おかずの西京焼きの作り方です。

このレシピのキーワード
つけ焼き
おせち

印刷する

サワラの西京焼きの材料(作りやすい分量)

  • 鰆(さわら) … 4切
  • 塩(下処理のふり塩用) … 適量
  • ガーゼ(漬け込み時に使用) … 適宜
  • 味噌(白) … 200g
  • 酒 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ2

スポンサーリンク

サワラの西京焼き(味噌漬け焼き)の作り方

鰆(さわら)の下処理

まず鰆の切り身は、魚の余分な水分と臭みを取り除くために塩をふります。 表裏にそれぞれ万遍なく軽く塩をふったら、1時間おいておきます。

鰆(さわら)の西京焼き(味噌床)の作り方

鰆に塩をふって、待っている間にAを合わせて味噌床を作ります。 味噌床の作り方は、ただ材料の味噌、酒、みりん、砂糖をしっかり混ぜ合わせるだけ。 用意した鰆が隙間なく並べられるくらいのバットを用意して、半量を広げ入れます。

※今回は白味噌を使いました(甘みが強いのが特徴です)。普通の米みそで作る場合は、Aにみりん大さじ1、砂糖小さじ1をプラスして、少し甘みを多くするとよいです!

塩をふって1時間たったら、魚から出てきた水分を拭き取って味噌床に漬けます。 この時に家にガーゼがあったら、味噌床の上に広げてください。 ガーゼは漬け込んだ後に魚を取り出しやすく、味噌が付着しないのできれいに焼き上げるのに役立ってくれます。 『味噌床→ガーゼ→鰆→ガーゼ→味噌床』の順に入れ、1日冷蔵庫で鰆を漬け込みます。

※家にガーゼがない場合は、味噌床を作って①で用意した鰆をそのまま漬け込んでください。ただ焼く前にしっかり味噌床をぬぐい取ってくから焼かないと切り身についた味噌だけが焦げやすくなってしまいます!

鰆(さわら)の西京焼きの仕上げ

後は漬け込んだ鰆を取り出して、中火程度の火加減で焦げ付きに注意しながら焼き上げます。 ※甘い味噌を使った味噌床の場合は特に焦げやすいので、火加減に注意しながら焼いてください

【補足】

  • 味噌床は(魚から水気が出るため)少しずつ味噌を補充しながら、2~3回は味噌床として使用できます。
  • 同じ味噌漬けで、卵の黄身も漬けたことがあるので、そちらもぜひ参考に!→ 卵の黄身の味噌漬けレシピページへ
  • 「鰆の西京焼き」はおせち料理としても、冷めてもしっとり美味しいことから、大変喜ばれる一品です→『白ごはん.comのおせち料理のまとめ』に簡単なものから、定番のおせちレシピまでを一堂にまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ