おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

いわしのパン粉焼き(フライパンで)のレシピ/作り方

いわしのパン粉焼きの写真

調理時間:20分以下

フライパンで手軽にカリッと作る、いわしのパン粉焼きのレシピの紹介です。

パン粉に粗く刻んだ大葉を混ぜ、仕上げにごまを散らす作り方なので、風味がさわやかでちょっぴり和風な仕上がりとなります。

このレシピのキーワード
鰯(いわし)
大葉(青じそ)

印刷する

いわしのパン粉焼きの材料(2人分)

  • いわし(開いたもの) … 4尾(約250g)
  • 大葉 … 4枚
  • 白いりごま … 小さじ1/2ほど
  • パン粉 … 適量(カップ3/4ほど)
  • 卵 … 1個
  • 小麦粉 … 大さじ2ほど
  • サラダ油 … 大さじ2~3
  • ウスターソース … 適量
  • 添える生野菜 … 適量

スポンサーリンク

いわしのパン粉焼きの作り方

いわしのパン粉焼きの下ごしらえ

いわしは開いたものを買ってくると作りやすいです。はじめに塩、こしょう(各分量外)を薄っすら両面にふりかけて下味をつけます。

※いわしを自分で開く場合は「鰯の手開きのやり方」を参考に!

白ごはん.comのいわしのパン粉焼きは粗く刻んだ大葉をはじめからパン粉に混ぜて作るやり方です。

大葉は5~6㎜四方ほどに粗く刻み、バットに広げたパン粉に混ぜ合わせておきます。

いわしにパン粉をつける

下味をつけたいわしに、小麦粉、溶き卵、1で用意したパン粉を順につけます。

いわしの両面に小麦粉をまんべんなくつけ、軽くはたいて余分な粉を落とし、溶き卵にくぐらせます。

バットに移し、パン粉をいわし全体にかけたら、手で上からギュッと押さえて、パン粉をしっかりくっつけます

※小麦粉と溶き卵をしっかりつければ、パン粉と大葉もくっついてくれるので、1工程ずつ確実にやるとよいです。

いわしのパン粉焼きのレシピ/作り方

いわしが重ならない大きさのフライパンを用意して少し多めで大さじ2~3のサラダ油を加えます(パン粉をしっかり揚げ焼きするため)

火加減は終始弱めの中火でOKなので、火をつけて油が熱くなればいわしの皮を下に広げ入れます。

※油の分量については下の補足にもまとめています。ちなみに皮側を下にして入れるのは、身よりも皮の方が油を吸いにくいから。身を下にして焼くと、はじめに衣と身が油を多く吸ってしまう気がします。

いわしを入れたら皮側を2分焼き、裏返して身側を2~3分焼きます。

両面がカリッと焼ければ、器に取り出し、仕上げにごまをふりかけ、食べるときにウスターソースをかけていただきます。

【補足】

  • 油の分量は大さじ2~3と幅を持たせていますが、おすすめは大さじ3。そのほうがパン粉全体がカリッと仕上がりやすいと思います。ただ、油大さじ2でも同じように作れるので、油を控えめに作りたい場合は減らして作ってみてください。
  • 上のレシピは中サイズのいわし4尾で作っています。いわし自体の大きさも様々なので、適宜いわしの分量を増やしたり、調味料を加減して作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ