おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鰯(いわし)のつみれの味噌汁のレシピ/作り方

いわしのつみれの味噌汁の写真

調理時間:30分以下

鰯(いわし)のつみれは、味噌汁にも、お吸い物仕立てにも、お鍋にも、いろいろと使えます。

基本的なつみれの作り方を紹介している『いわしのつみれ汁』の作り方では、だしを別に用意して仕上げましたが(少し生臭みが出るため)、みそ汁では味噌自体にその臭みを消してくれる効果があるため、つみれを作る時のゆで汁を使って仕上げます!

このレシピのキーワード
鰯(いわし)

印刷する

鰯(いわし)のつみれの味噌汁の材料(3~4人分)

  • 【 いわしのつみれの材料 】
  • いわし … 5~6尾分
    ※頭つきで600g、頭・ワタなしで400gを目安に
  • 塩 … 小さじ1/3
  • 卵白 … 1個分
  • 生姜のしぼり汁 … 小さじ1
  • 【 味噌汁の材料 】
  • 鰯のつみれ … 上記分量
  • 刻みねぎ … 少々
  • ゆで汁 … 700ml
    ※つみれをゆでる時に昆布5㎝角1枚を加えます
  • 味噌 … 大さじ3ほど
  • 七味唐辛子 … 適宜

※刻みねぎについては「刻みねぎの切り方のコツ」のページも参考に。

スポンサーリンク

鰯(いわし)のつみれの味噌汁の作り方

鰯(いわし)のつみれの作り方

いわしは手開きにするなどして、皮を取り除き、包丁で身を細かくたたいてつみれにします。 はじめに塩でしっかりと練ってから、少しの卵白とおろし生姜を加えるのですが、詳しい作り方については、 『いわしの手開きのやり方』『いわしのつみれの作り方』をそれぞれ参考にしてください。

※いわしの鮮度があまりよくない場合は、生姜を多めに加えてもよいです(今回はゆで汁を味噌汁にするので)。

鰯(いわし)のつみれ汁を仕上げる

つみれ汁の時はお吸い物に近い上品な味付けにしたいので、いわしのつみれをゆでたものとだし汁を別で用意しました。 でもお味噌汁にする場合は『いわしのつみれをゆでる、そのゆで汁を味噌汁に活用する』と便利です。 味噌がいわしのクセを消してくれるので、ゆで汁でも十分美味しく食べることができます。

鍋に水700mlと昆布を入れ、水から火にかけて5分くらいで沸騰する火加減にして、昆布からじっくりうま味を引き出します。 昆布だしがゆらゆらと沸いたら、静かにいわしのつみれをスプーンで落とし入れます。

いわしのつみれに火を通している間に、昆布を取り出し、いわしが浮いてきたら味噌を大さじ3~4ほど味を見ながら加えます。薬味には、刻みねぎや七味唐辛子がおすすめです。
*つみれから多少の塩気が出てくるので、味噌はいつもより少し控えめに加えて味をみてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ