おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

切干大根(切り干し)の煮物のレシピ/作り方

切干大根の煮物の写真

調理時間:20分以下※切干大根を戻す時間は除く

切干大根の煮物は家庭のおかずの定番。ごはんも進むよう、だしをきかせて少し甘めに仕上げるのがおすすめです。

冷凍保存もできるので、まとめて作って冷凍するのもおすすめ!ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
大根
にんじん
常備菜
お弁当

印刷する

切干大根の煮物の材料(2~3人分)

  • 切干大根(乾物) … 25g
  • にんじん … 1/3本(約50g)
  • 油揚げ … 1枚(7㎝四方ほどの大きさのもの)
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • だし汁 … 200ml
  • 醤油 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

切干大根の煮物の作り方

切干大根の煮物の下準備

切り干し大根はたっぷりの水に30分ほどつけて戻します(もとの重量の4~5倍にふくれます)。その間に、にんじんは4~5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。

切り干し大根が戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。仕上がりの味が薄くならないよう、しっかり水をしぼることが大切です

鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、にんじんと切り干し大根を箸でほぐしながら炒めます。 ここで炒めるのは、切り干し大根の水分を少し飛ばしてあげるため。1~2分くらい炒めたら次へ進みます。

※切り干し大根を炒めることで乾物臭をおさえる効果もあると思います。また、コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。

切干大根の煮物の作り方/レシピ

鍋にAと油揚げをすべてを加えて軽く混ぜ合わせます(※調味料を入れる順番は気にする必要はありません)。 沸いたら弱火にして落し蓋をして10~15分ほど煮ます。

はじめの煮汁が1/3くらいになれば味がちょうどよい加減になっているはずです。味をみてよければ完成です。

※上に落し蓋をしている写真がないですが、弱火で煮るときは落し蓋をするとよいです。蓋がなければ時折混ぜながら煮てください。

【補足】

  • 冷凍可能なので、まとめて作るのもおすすめです。また、冷凍しないときは絹さやや三つ葉などの青みを添えても彩りがよくなります。その時は煮上がる数分前にさっと青みを入れて火を通すとよいです。
  • 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1.5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。
  • 実は「切り干し大根の煮物」は煮干しだしで作っても美味しいです。今度レシピをアップしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ