おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

切干大根(切り干し)の煮物のレシピ/作り方

切干大根の煮物の写真

調理時間:20分以下※切干大根を戻す時間は除く

切干大根の煮物は家庭のおかずの定番。ごはんも進むよう、だしをきかせて少し甘めに仕上げるのがおすすめです。

冷凍保存も可能なので、ぜひまとめて作ってみてください。

このレシピのキーワード
大根
にんじん
常備菜
お弁当

印刷する

切干大根の煮物の材料(2~3人分)

  • 切干大根(乾物) … 25g
  • にんじん … 1/3本(約50g)
  • 油揚げ … 1枚(7㎝四方ほどの大きさのもの)
  • ゆでた絹さや … 好みで少々
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • だし汁 … 200ml(※)
  • 醤油 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1

※だし汁の代わりに、半分の100mlくらいまでなら切干大根の戻し汁を入れてもOK(詳細は工程①参照)

スポンサーリンク

切干大根の煮物の作り方

切干大根の煮物の下準備

切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20~30分ほどつけて戻します(もとの重量の4~5倍にふくれます)。

戻している間に、にんじんは4~5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。

切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。

それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります

※つまり、だし汁を全量にして「だし汁200ml」でもいいですし、「だし汁100ml+戻し汁100ml」にしてもOK。ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。

切干大根の煮物の作り方/レシピ

鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、にんじんと切り干し大根を入れて箸でほぐしながら炒めます。

はじめに炒めるのは1分くらいでOKです。※にんじんと一緒にはじめに油で炒めることで、風味もよくなるので乾物臭も抑えられます。

続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。沸いたら弱火にして落し蓋をして10~15分ほど煮ます。

10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。

味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。

※絹さや入りのものを冷凍すると絹さやの食感がやわらかくなるので、冷凍するときは絹さやなしの状態がおすすめです。

【補足】

  • コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。また、青みは絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1~2分前に入れても美味しいです。
  • 冷蔵庫で3日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。まとめて作るのもおすすめです。
  • 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1.5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。
  • だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなどで。煮干しだしで作っても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ