おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

里芋ごはん(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

里芋ごはんの写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

炊き込みごはんの具材には、あまり登場しない野菜ですが、里芋を主役にした炊き込みごはんも、実はとっても美味しいのです。

煮干しだしを使って、だしがらの昆布と煮干しも一緒に炊き込む作り方です。滋味あふれる味というのはこういう味をいうのかもしれません!

このレシピのキーワード
里芋
煮干だし
だしがら

印刷する

里芋ごはん(炊き込みご飯)の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 里芋 … 300g(中サイズ6個くらい)
  • だし取りで出た煮干しと昆布のだしがら … 適量
  • 大根やかぶの葉 … 少々
  • 煮干しのだし汁 … 約350ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

※だし汁については「煮干のだし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

里芋ごはん(炊き込みご飯)の作り方

水出し煮干だしを用意する

この冬野菜たっぷりの炊き込みご飯には『煮干しだし』がぴったりです。煮干しだしは火を入れてだし取りしてもよいのですが、『水に対して1%の重さの煮干しと昆布を入れて、冷蔵庫で一晩置くだけ』、この方法が一番簡単で、しかも煮干しのクセが出すぎない上品なだしになります→詳しい煮干しだしの取り方はこちらから

里芋ごはんの具材の準備

ご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分~1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しい炊き込みご飯になります!

主役の具材の里芋は、皮をむいて、2㎝幅ほどに切ります(大きい里芋を切らずに丸ごとは火が通りづらいのでNGです)。 また、里芋に合わせるのは、①で水出しした煮干しだしの、煮干しと昆布のだしがらを一緒に具材として食べるのがおすすめ。昆布は細切りにして、煮干しは頭と中骨、ワタを取り除いて、里芋と一緒にはじめから炊き込みます。

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこにAを加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

里芋ごはんのだし汁、調味料の合わせ方

米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先して、だし汁を最後に調整すること』『具材をはじめから入れて炊くこと』です!

炊飯器なら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、それから煮干しだしを2合の目盛を優先に注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※米が調味料を吸いやすいので、調味料を入れた後はすぐにだし汁を加えるとよいです(気になる場合は先にだしを少し入れておくとよいと思います)

※だしは2合に対して350mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください。

鍋炊きなら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこに、煮干しだし350ml(鍋炊きの場合のみ全量)、醤油、みりん各大さじ2と1/2を合わせたものを注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせます。

里芋ごはんの仕上げ

③で準備のできた釜に具材を上から加え、炊き始めます。炊飯器ならスイッチを入れ、鍋炊きなら鍋炊きの詳細ページも参考に、炊いてください。 炊いている間に、大根やかぶの葉があれば塩ゆでして細かく刻んでおきます。炊きあがったら、水気をしぼった菜っぱを合わせ、さっくりと底から混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は「だし約550ml、醤油(あれば薄口)大さじ4、みりん大さじ4」が目安となります。
  • 大根やかぶの葉がなければ、ゆでて刻んだ春菊や、細かく切った三つ葉などを合わせるのもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ