おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

生とは違うほくほく食感!長芋の煮物のレシピ/作り方

長芋の煮物の写真

調理時間:30分以下※味を染み込ませる時間を除く

長芋は生のシャキシャキした食感を楽しむ以外にも、火を通した“ほくほく”させる料理にも向く野菜。

長芋の煮物は普段のおかずにはもちろん、おせち料理にも使えるレシピなのでぜひお試しください。

このレシピのキーワード
長芋
おせち
常備菜

印刷する

長芋の煮物の材料(2~3人分)

  • 長芋 … 400g
  • だし汁 … 300ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と2/3
  • みりん … 大さじ1と2/3
  • 砂糖 … 大さじ1と2/3

※大さじ2/3=小さじ2です。また、だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

長芋の煮物の作り方

長芋の煮物の下処理

長芋は皮をむいて食べ応えが出るように1.5~2㎝幅に切ります。火を通すとほくほくした食感になるので、あまり薄すぎるよりかは少し厚みがあるほうがよいです。

細ければそのまま輪切りで、太ければ半月切りにして、切ったものは鍋に入れ、たっぷりの水をそそぎます。

※切った長芋は直接だしで煮るのではなく、下ゆでした後に煮汁で炊きます。そのほうが味のしみ込みがよくなるためです。

長芋を入れた鍋を水から火にかけ、沸いたら弱火にして5~6分下ゆでしてしっかり長芋に火を通します。竹串がすっと通ればOKです。

長芋に火が通れば、水をそそぎ入れて長芋の粗熱を取ってから別の鍋に移します。※このときざる上げしては長芋が崩れるのでNGです!必ず手ですくい上げて移してください。

長芋の煮物の味付け/レシピ

鍋にAを加えて、長芋が崩れないように軽く調味料を溶かし混ぜ、鍋を中火にかけます。

沸いたら火を弱め、5分ほど炊いて火を止めます。この段階では長芋に味がまだ染み込んでいないので、必ず一度煮汁ごと冷ますのが大切です。

急いでいるときは冷水や氷水に鍋を当てて冷ましたり、時間があれば数時間(翌日食べるなら一晩でも)おいて味をしみ込ませます。食べるときは冷たい状態でもOKですし、煮汁ごと芯まで温めて食べても美味しいです。

【補足】

  • 長芋の下ごしらえはゆでるのではばく蒸してもOKです。また、煮汁を入れてから火を入れるのは、1度といわず2度“温める→冷ます”作業をすると、より味が染み込んでくれます。
  • 作ってから3日ほどで食べきるとよいです。里芋よりも形をそろえやすいので、おもてなしなどにも便利です(お重などにも入れやすいです)。
  • だしの取り方も参考にしてください→昆布とかつおのだしの取り方へ。おせち料理のときなどは、少し濃い目に(水に対して昆布1%、鰹節は2%くらいで)だしを用意すると、とてもおいしく仕上がります。
  • おせち料理であれば、30日に炊いてから冷まし、31日に盛り付けるのがよいと思います。→『白ごはん.comのおせち料理のまとめ』に簡単なものから、定番のレシピまでまとめたので参考に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ