おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

きゅうりとささみの和え物のレシピ/作り方

きゅうりとささみの和え物の写真

調理時間:20分以下

きゅうりとささみって、どちらもあっさりとした味わいですが、食感や色合いには違いが大きいですよね。

そんな2つの食材を、手軽にごま和えとまではいかない、ごまたっぷりの和え物にしてみました。

このレシピのキーワード
きゅうり
夏野菜
ささみ
ごま

印刷する

きゅうりとささみの和え物の材料(2人分)

  • きゅうり … 1本
  • 鶏ささみ … 2本(100g)
  • 白いりごま … 小さじ1強
  • 醤油 … 小さじ1/2
  • 酢 … 小さじ1/2
  • ごま油 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

きゅうりとささみの和え物の作り方

ささみときゅうりの下ごしらえ

この料理のポイントはきゅうりにも鶏ささみにもしっかり下味をつけることです。※きゅうりと鶏ささみは、重さでいえば同量くらいを用意します(今回はきゅうり1本100g、ささみ2本100g)

まず、きゅうりは生のままでは味のなじみが悪いので、両端を切り落として縦半分にしたら、斜めに7~8㎜幅ほどに切り、塩ふたつまみを混ぜて10分おいて下味をつけます

「ちくわときゅうりの生姜おかか和え」のように、きゅうりを切るときに皮の部分を少しへいでもOKです(今回はごま油も入るし、時間をかけて塩をなじませるので、そこは省いています)。

鶏ささみは10分待つ間でも、事前にでもゆでておき、粗熱が取れたら手でほぐしておきます。鶏ささみをゆでるときもきちんと塩を加えて下味をつけることが大切です※ささみの下ごしらえは「ささみのゆで方」を参考に。

きゅうりとささみの和え物のレシピ/作り方

きゅうりを10分おいたら水気が出てきているので、和えるのは別の新しいボウルを用意して、きゅうりとほぐした鶏ささみを入れます。

ごま小さじ1を指で軽くひねりながら加え、続けてAを入れます。ごまをひねり潰すのはそのほうが香りが出るからです。

あとは全体を混ぜ合わせ、器に盛り付けたら、仕上げにごま少々を上と同じように指で潰しながら天盛りにして(中央にふりかけて)完成です。

【補足】

  • きゅうりにも鶏ささみにもしっかり下味をつけているので、調味料は控えめです。好みで少し増やしてみてください。
  • 好みで白こしょうや、粗びき黒こしょうを加えても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ