おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

紅白のバランスが命!紅白なますのレシピ/作り方

紅白なますの写真

調理時間:10分以下※漬け込む時間を除く

普段のおかずやおせちの時に季節を問わず役立てることのできる“紅白なます”。ポイントは『紅白の色合いのバランス』です。

その割合に気を付けるだけで、見た目にも美しい紅白なますが出来上がります。レシピ中の写真もぜひチェックしてみてください!!

このレシピのキーワード
大根
にんじん
酢の物
おせち

印刷する

紅白なますの材料(作りやすい分量)

  • 大根 … 250g
  • 人参 … 1/3本(約50g)
  • 塩(下ごしらえ用) … 小さじ2/3
  • 昆布だし … 大さじ6(90ml)
  • 酢 … 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 … 25g(大さじ3弱)
  • 塩 … 小さじ1/3

※酢は米酢がおすすめですが、穀物酢でも作れます

スポンサーリンク

紅白なますの作り方

紅白なますの大根と人参の割合

紅白なますで一番大切なのは『大根と人参の色合いのバランス』です。料理の中で、赤い色合いの素材はとても目立つ存在なので、控えめに入れるくらいでちょうどよいバランスとなります。

今回は『大根250g:人参50g(人参は大根の2割ほど)』。これで写真下右のバランスになります。※つまり紅白なますの人参は大根に対して1~2割で十分なのです。

紅白なますの大根と人参の切り方

大根と人参は、スライサーなどを使って手軽に作る方法もありますが、少しここではこだわって作りたいと思います。 先ほどの紅白のバランスを見てわかるように、赤色はとても目立つので“人参だけ少し細めに切ってあげる”とよりよい仕上がりになります。

それぞれ長さ4~5cmに、太さは人参を若干細めに仕上げてみてください(時間のないときはスライサーで同じ太さで仕上げてももちろんOKですので!!)。

※野菜の切り方は『野菜の千切りのやり方』にて詳しく紹介していますので、そちらも参考に!

紅白なますのレシピ/作り方

ボウルに入れた大根と人参に塩小さじ2/3を加えてよく混ぜ合わせます。そのまま5分から10分ほど置いておくと、野菜から水気が出てくるので、手でぎゅっとしぼります。

それを保存容器に移し、別の容器でAをしっかり溶かし混ぜてから注ぎ入れます。数時間おけば味がなじんで美味しくいただけます。

【補足】

  • 日持ちは冷蔵庫で1週間ほどです。余ったら甘酢ごと冷凍保存も可能です。
  • 炒りごまを振りかけたり、千切りゆずをあわせたりしても美味しいです。
  • 人参をより赤みの強い“京人参”で作っても、正月らしさが出てくれます。
  • 「甘酢の素の作り方」よりも少しだけ塩、砂糖の多い配合になっています(大根や人参から水分が出やすいため)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ