おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ホタテ缶ときゅうりの酢の物のレシピ/作り方

ほたて缶ときゅうりの酢の物の写真

調理時間:10分以下※味をなじませる時間を除く

ホタテの水煮缶を使って、手軽に本格的な酢の物を作ります。缶汁も使えば、だし汁いらずでとっても簡単です!

ただ、ホタテの缶汁と酢を合わせるとちょっと白濁してしまうので、いつもの酢の物とちょっと違う扱いをするとよいと思っています。詳しくはレシピにて↓

このレシピのキーワード
缶詰
きゅうり
帆立(ほたて)
酢の物

印刷する

ホタテ缶ときゅうりの酢の物の材料(2~3人分)

  • ホタテの水煮缶 … 1/2缶(1缶135gのものを使用しました)
  • きゅうり … 1本
  • ホタテ缶の缶汁 … 大さじ2
  • 酢 … 大さじ1
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ1
  • みりん … 小さじ1

スポンサーリンク

ホタテ缶ときゅうりの酢の物の作り方

きゅうりと缶汁の扱い

※今回は手軽に缶詰を使って、ぱっと酢の物を作ろう!というレシピですので、ホタテ缶ときゅうりは事前に冷蔵庫で冷やしておくことをおすすめします(冷たい方が美味しいので)※

まず、きゅうりは酢の物に合わせる前に薄切りにしてから、塩もみをしておきます。水っぽくなく仕上げるために、うす切りにしたきゅうり1本に対して塩小さじ1/4ほどをあわせ、5分ほどおいて、水気をしっかりしぼっておきます。

※ホタテ缶は1/2ほどで十分だと思いますが、贅沢に1缶使ってもOKです。また、きゅうりの塩もみの詳しいやり方は白ごはん.comの別ページにもありますので参考にしてみてください→「きゅうりの塩もみのレシピ」

ホタテの身は和えるときにほぐれるので、特に下ごしらえですることはありません。Aの酢の物の地を作るため、缶を開けたら缶汁大さじ2をボウルに量り入れ、残りの調味料を加えます。缶汁に酢を加えると、下の写真のように缶汁が白濁するのですが特に問題はないので大丈夫です!

酢の物という料理が透明感のある涼しげな汁で仕上げる料理なので、ちょっと白濁すると色が気になるところではありますが、白濁した状態の汁が気にならないようにするポイントを後工程の②で紹介したいと思います。

ホタテ缶ときゅうりの酢の物の仕上げ/レシピ

ボウルに塩もみをして水気をしぼったきゅうり、ホタテの身を入れて混ぜ合わせます。そこにAの酢の物の地を注いで、軽く混ぜ、全体をひたして5分ほど冷蔵庫で冷やします。
※普通の酢の物なら盛り付けるときにたっぷりの地をそそぐのですが、白濁しているので盛り付けるときは少量かけるようにして、その代りに味をなじませる時間を取るとよいと思います。

冷蔵庫から取り出したら、きゅうりとホタテを器に盛り付け、仕上げにスプーン半分ほどの地を注いで完成です(あまりたっぷりかけないほうが色が気になりません)。

【補足】

  • 好みで生姜のしぼり汁少々を加えても、さっぱり風味よくいただけます。
  • 白濁した汁が気にならないように、ガラスなどの容器ではなく、涼しげな色合いの陶器の器などが合うと感じました。
  • 器情報:雪ノ浦裕一さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ