おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

冷凍できる!おもてなし五目なますのレシピ/作り方

五目なますの写真

調理時間:30分以下※煮物を準備する時間を除く

シンプルな大根とにんじんのなますをバージョンアップした‟五目なます”です。

色合いや味わい、さらにはゆずが入っているので風味までグレードアップしているので、特別な日の料理にもぴったりなんです。

このレシピのキーワード
おせち
おもてなし
大根
にんじん
干し椎茸
ゆず
油あげ
野菜たっぷり

印刷する

五目なますの材料(作りやすい分量)

  • 大根 … 350g
  • にんじん … 1/2本(約75g)
  • 干し椎茸の旨煮(※) … 2~3枚
  • いなり煮(※) … 4枚
  • 黄ゆず … 1/2個ほど

※煮物のレシピリンクは工程の中で紹介しています。

  • 昆布だし … 大さじ9
  • 酢 … 大さじ6
  • 砂糖 … 大さじ4
  • 塩 … 小さじ1/2

※酢は米酢がおすすめですが、穀物酢でもOKです。

スポンサーリンク

五目なますの作り方

五目なますの材料

五目なますで使用するものは「大根とにんじんの野菜類」「干し椎茸といなり用油あげの煮物類」、それから「香りづけの黄ゆず」です。

ちなみに、大根とにんじんは必須ですが、その他は1品くらい減ってもOKです。

2種類の煮物はどちらも作ってから日持ちするし冷凍もできるものなので、事前に作っておくと便利だと思います。それぞれなますと馴染むよう、上の写真のように薄切りに、ゆずの皮はせん切りにしておきます。

「干し椎茸の煮物」レシピへ
「いなり用油あげの煮物」レシピへ
「ゆずのせん切りのやり方」

※いなり用の油あげは汁気が多すぎるとなますの味が少しくどくなるので、汁気を軽くしぼってから使うとよいです。

大根とにんじんはせん切りにするのですが、大根とにんじんの割合や、切り方もコツがあるので(にんじんは大根の1~2割くらい、にんじんのほうを細く切るなど)、「基本の紅白なます」のレシピも参考にしてみてください。

五目なますのレシピ/作り方

せん切りにした大根とにんじんに小さじ1(分量外)の塩を加えてよく混ぜ合わせ、そのまま5分から10分ほど置きます。そうすると、野菜から水気が出てくるので、手でぎゅっとしぼり、他の切った具材と合わせます。

ボウルの中で具材を均一に混ぜ合わせ、別の容器でAをしっかり混ぜ溶かしてからそそぎ入れます。数時間おけば、味がなじんで美味しくいただけます。

※実はなますは冷凍保存も可能です。余ったら甘酢ごと冷凍してみてください。少し野菜の繊維質が強く感じられるようになりますが、気にならない範囲だと思います。

【補足】

  • 日持ちは冷蔵庫で1週間ほどです。
  • ゆず果汁をしぼって、甘酢に加えても美味しいです。他に用途がなければ合わせてみてください。
  • にんじんをより赤みの強い“京にんじん”で作っても、お正月らしさが出てくれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ