おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鮭の粕汁(かす汁)のレシピ/作り方

鮭の粕汁(かす汁)の写真

調理時間:30分以下

鮭の粕汁は寒い冬の汁物の定番といってもいいかもしれません。外が寒いとぽかぽか体が温まる汁物がうれしいですもんね。

酒粕と甘めの味噌でこっくりした味に仕上げ、鮭を加えてボリュームをだすレシピです。

なかなか酒粕を家庭で使うことも少ないとは思いますが、ぜひ一度鮭の粕汁をお試しください!

このレシピのキーワード
にんじん
ごぼう
大根
油あげ
干し椎茸
野菜たっぷり
酒粕

印刷する

鮭の粕汁(かす汁)の材料(3~4人分)

  • 酒粕 … 100g
  • 塩鮭(甘口) … 1切れ(約100g)
  • 大根やかぶ … 150gほど
  • にんじん … 1/4本
  • ごぼう … 1/4本
  • 油あげ … 1枚
  • 青ねぎ … 少々
  • 味噌 … 大さじ2~3ほど
  • 水 … 600ml
  • 昆布 … 5㎝角1枚
  • 干し椎茸 … 小サイズ2枚

スポンサーリンク

鮭の粕汁(かす汁)の作り方

鮭の粕汁に使う、酒粕の下ごしらえ

まず鍋にAの水500mlと昆布を合わせ、別のボウルに水100mlと干し椎茸を合わせて、椎茸を戻します。戻った椎茸は軸を切り落として4等分に切ってから鍋に加え、戻し汁も細かい茶こしなどでこして鍋に合わせます。

酒粕はボウルに入れてAの鍋から50~100mlほどのだしを加えてほぐしておきます(硬い場合はしばらくつけておいて、それからつぶすとよいです)。

※工程の写真は上記分量の2倍で作った時の写真なので、それぞれ材料が多めになっています(ごめんなさい!)

粕汁の材料の準備

鮭は皮ごと3~4等分に、大根とにんじんは1~1.5㎝幅のいちょう切りにして少し食べごたえを出し、かぶは小さければ皮ごと縦8等分にします(大根とかぶはどちらか片方でもいいですし、両方入れてもどちらでもOK)。 ごぼうは乱切りにして水にさらし、油あげは短冊に切ります。ねぎは用意できるものでいいですが、今回は青ねぎを斜め薄切りにして水にさらしたものを使いました。

※今回私は甘口の塩鮭を使用しました。鮭の分量や塩気によって加える味噌の量が変わってくるので注意が必要です!

鮭の粕汁の作り方/レシピ

昆布と椎茸の入った鍋を火にかけ、沸いてきたら火の通りにくい野菜(大根、かぶ、にんじん、ごぼう)から入れ、野菜に火が通った頃に鮭と油あげを加えます。

鮭の色が変わって火が通ったら、昆布を取り出し、やわらかくほぐしておいた酒粕と味噌をこし器を使って溶き入れます。 このとき鮭の塩気によって味噌を入れる分量が変わってくるので、味見をしながら味噌は加えていくとよいです。味が決まれば、器に盛り付けてねぎを添えて完成です。

※味噌は甘めの米味噌か白味噌などがおすすめです。それぞれ味噌の塩分が違うので、味噌大さ2~3(白味噌の場合はもう少し多めでOK)を目安に、味を見ながら加えてみてください。

【補足】

  • 酒粕は日本酒をつくるときの副産物ですが、ものによって味に大きな違いがあります。粕汁はスーパーなどによく売っている板粕でも作れますが、大量生産でない、おいしい日本酒をつくっている蔵元の酒粕が香りがよくておすすめです!酒粕は冷凍保存もできるので、良い酒粕を見つけたら購入しておくのもいいと思います。
  • 硬い板粕は、しばらくだし汁に浸しておくのですが、それでも溶けずらいときはすり鉢ですって細かくすることも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ