おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

あさりの味噌汁のレシピ/作り方

あさりの味噌汁の写真

調理時間:20分以下※あさりの砂出しの時間は除きます

味噌汁には「かつおだし」や「煮干だし」を用意するのが一般的ですが、あさりなどの貝類の味噌汁だけはちょっと違います。貝からいい出汁が出るので、昆布をひと切れ入れてあげるだけで十分おいしい味噌汁に仕上がります。

あさりが美味しい春の季節には、豆類とあさりの組み合わせでお味噌汁にすると、彩りもよく、おすすめです!

このレシピのキーワード
あさり
スナップエンドウ

印刷する

あさりの味噌汁の材料(3人分前後)

  • あさり … 200g
  • スナップエンドウ … 5~6本
  • 水 … 500ml
  • 昆布 … 5cm角1枚(約5g)
  • 米味噌 … 大さじ2ほど

スポンサーリンク

あさりの味噌汁の作り方

あさりの砂抜き

あさりは調理する前に、スーパーで買ってきたものでも砂抜きをするとよいです。海水程度の塩水を作り、数時間冷蔵庫で砂出しをしてから、調理する前に貝同士をこすり合わせるようにして洗います。

※あさりの砂出しについては→『あさりの砂抜きのやり方』を参考にしてください!

あさりの味噌汁の作り方(はじめの火入れ)

昆布と一緒にあさりのうま味を引き出すので、『あさりと昆布を水に入れ、冷たい状態からじっくり火にかける』、これが大切なポイントです。分量の水に昆布とあさりを入れて、弱火から少し火を強くしたくらいの火加減でじっくり火を入れます。
*味噌汁の青みには、今回はスナップえんどうを食べやすく切って使いましたが、絹さやでもインゲンでもあるものを合わせてください

あさりの味噌汁の作り方(味噌を溶いて仕上げ)

だしが沸騰しかけてきたらアクが出てくるので、お玉でアクを集めてすくい取ります。沸騰したら昆布を取り出して火を弱め、下の写真にはないですが、 ここで青みのスナップえんどうや絹さやを入れてさっと火を通します。

それから味噌を溶き入れ、沸騰直前まで熱くしてから椀にそそぎます。 ※あさりから出てくる塩気があるので、いつもよりは味噌は少なめでOKです。味を見ながら大さじ2を目安に調整してみてください。

【補足】

  • 味噌汁に入れる青みは、別ゆでしておいて最後の最後に加えても、味噌を溶く前に入れて汁の中で火を通してもどちらでも大丈夫です。やりやすい方法でやってみてください。
  • 火にかける前に昆布だけ水に30分ほど浸しておくと、よりスムーズにうまみを引き出せます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ