はまぐりのお吸い物のレシピ/作り方

はまぐりのお吸い物の写真
このサイトは、料理研究家 冨田ただすけによる、昔ながらのほっこり系ごはんを伝えるためのレシピサイトです ⇒ HOME画面へ
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

はまぐりのお吸い物のレシピ/作り方

はまぐりのお吸い物は、かつおだしを使わずに、はまぐりと昆布のだしのみで作るので、正式には“潮汁(うしおじる)”といいます。
かつおだしを取る必要がない分、貝類の吸い物は汁物の中でも一番手間がかからないので、作りやすいレシピだと思います。
ひなまつりの時期などにぜひ手作りしたいレシピです。ぜひ蛤と昆布を準備して作ってみてください!

はまぐりのお吸い物の写真

 【 はまぐりのお吸い物の材料(2~3人分) 】

  • はまぐり … 250gほど
  • 水 … 500ml
  • 昆布 … 5㎝角1枚
    ※水に対して1%の5gが目安
  • 酒 … 大さじ1
  • 塩 … 適宜
  • 木の芽 … 少々(用意できれば)
スポンサーリンク

  1. はまぐりの砂抜きと下処理
    はまぐりは調理する前に、スーパーで買ってきたものでも念のために砂抜きをするとよいです。 海水程度の塩水を作り、数時間冷蔵庫で砂出しをしてから、調理する前に貝同士をこすり合わせるようにして洗います。

     
    ※はまぐりの砂出しの水と塩の割合についてはあさりと同じやり方なので、『あさりの砂抜きのやり方』を参考にしてください!


  2. はまぐりのお吸い物の作り方(火入れ)
    昆布と一緒に貝のうま味を引き出すので、 『はまぐりと昆布を水に入れ、冷たい状態からじっくり火にかける』、これが大切なポイントです。 分量の水に昆布とはまぐりを入れて、弱火から少し火を強くしたくらいの火加減でじっくり火を入れます。

    だしが沸騰する前からでもアクが出てくれば、お玉でアクを集めてすくい取ります。沸騰すればアクもさらに出てきますが、まず昆布を取り出し、次にアクを丁寧にすくい取りましょう。

      
    ※上の写真は2倍近い分量で作った時の写真なので、昆布の分量が多く見えますが、5㎝角が1枚ほどで大丈夫です!


  3. はまぐりのお吸い物の作り方(味付け)
    口が開けば、はまぐりに火が通ったということとなります。この時注意したいのが、はまぐりなどの貝類は火を入れ続けると身が硬くなるので、 決してグラグラと煮立たせないこと。また、食べるときまでに時間があるような場合は、一度はまぐりを取り出してやるとより丁寧です(食べる直前の温めるときに一緒に火を入れる)。 ただ、すぐに食べるときは口が開いたらそのまま調味して仕上げてOKです。

    味付けはふんわりとしたうまみと風味を付け加える酒を加え、味見をして必要があれば塩を加えます。はまぐりを椀に盛り付け、汁を注いで完成。好みで木の芽をそえるとより香りよくなります。

     
    ※はまぐりはうまみが強いので、味付けに醤油は不要だと思いますが、うまみが弱く感じた時だけ、醤油少々を加えるとよいと思います

    【 補足 】
    ・火にかける前、はまぐりも入れる前に、昆布だけ水に30分ほど浸しておくと、よりスムーズにうまみを引き出せます。
    ・はまぐり+ゆでた菜の花、という組み合わせにしても、季節感が出て華やかな仕上がりとなります。
    ・同じようにして作る「あさりのお吸い物のレシピ」も参考に!


    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・お吸い物いろいろ … 菜の花と豆腐のお吸い物玉子豆腐のお吸い物、  鶏団子のお吸い物


    ↑かつおだしを使った、お吸い物の基本を紹介しています!


【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

トップページアイコン
簡単スピードCookアイコン
LINEブログアイコン ブログアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!


↑豆ははじめから生のものを一緒に
炊き込んで作ると美味しい!