おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

菜の花のゆで方と茎の太さごとのゆで時間

菜の花のゆで方の写真

調理時間:10分以下

菜の花は春の季節にぜひとも食べたい野菜。おひたしに、炒め物に、パスタなんかにも最適です。

しかし、実は菜の花は“ゆでるのが非常に難しい野菜”だと思います。油断するとすぐにゆですぎて、柔らかくなってしまうので、菜の花の料理の前にぜひ一度チェックしてみてください。

このレシピのキーワード
菜の花

印刷する

菜の花をゆでるときの材料(分量不問)

  • 菜の花 … 1束
  • 下ゆで用の塩 … ティースプーン山盛り1杯ほど

スポンサーリンク

菜の花のゆで方と茎の太さごとのゆで時間

菜の花の種類

スーパーで売られている菜の花・なばなは「アブラナ科の野菜をつぼみや茎、若葉で収穫したものの総称」らしく、販売方法もいくつか種類があるようです。私の住む愛知県付近のスーパーでは下のような品揃えでした。

【穂先が整えられて一束になっているタイプ(左)】つぼみから20㎝くらいを切り取っているので、つぼみ下の茎も一緒に調理します。
【つぼみ部分だけを摘み取って袋詰めして売られているタイプ(中央)】グラム数の割にはちょっと値段は高めです。
【つぼみのついていない、茎と葉部分だけの菜の花(右)】葉物野菜に近いこのタイプにも、地域ごとに品種・ブランドがあるようです。
※地域差があったらごめんなさい。アブラナ科の各品種のことはふれずに、ここではあくまで調理方法・ゆで方についてふれたいと思います。また、選ぶときはつぼみ付きの物に関しては、花の咲いていないものを選び、切り口がみずみずしいものを!

菜の花の太さによるゆで時間の違い

上で紹介した長い茎もセットで売られているものは、料理屋で勤めていた時にも長年使っていたもので、「つぼみ部分と茎部分に分けて、時間差をつけてゆでる」ことが必要です。 半分にしてそれぞれの太さを見てみると、茎の下部は12mm、つぼみ部分の切り口は6~7mmといったところ。ちょっと太さが違うので、時間差でゆでたほうがいいと思います。

それぞれをゆでてみたところ、
・茎の直径が12mm程度なら、ゆで時間は1分半、茎の直径が6~7mm程度なら、ゆで時間は45秒、で最適でした。

上で紹介したつぼみだけの菜の花は、茎の直径が5~6mmくらいだったので、それもゆでてみました。
いろいろゆでてみた結果を受け、茎の太さの違いによってのおよそのゆで時間を下にまとめます。

・茎 5~6mm → ゆで時間30秒
・茎 7~8mm → ゆで時間45秒
・茎 9~10mm → ゆで時間1分
・茎 11~13mm → ゆで時間1分半
※特につぼみ部分は、ゆですぎると溶けるように柔らかくなるので注意が必要です!

菜の花のゆで方

上のゆで時間を見てもわかるように、菜の花は茎が太い割りに、とてもゆであがりの早い野菜です。 同じような太さのアスパラなどをイメージしてゆでると、柔らかすぎる食感になってしまいます。

①たっぷりのお湯を沸かして、ティースプーン山盛り1杯ほどの塩を入れる。
②余熱で火を通さないために、ゆでる前にざると冷水を用意しておく(すぐに冷やした方が失敗が少ないため)
③菜の花の茎の直径を確認して、ゆで時間を決める(茎とつぼみで太さが違えば、時間差で投入する)
④菜の花の茎やつぼみ部分をゆですぎに注意してゆでる。
⑤ざる上げして、冷水に落として冷まし、しっかりとしぼってから料理に使う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ