白玉だんごのレシピ/作り方

白玉だんごの写真
◆ 白ごはん.comの関連レシピ ◆    梅ジュースレシピ |  青しそジュースのレシピ |  大学芋のレシピ |
⇒ レシピページへ ⇒
最新のお知らせページ
↑クリックで最新お知らせページへ。より詳しい紹介やリンクは、お知らせページに掲載中ですのでぜひチェックしてください!!
スポンサーリンク

白玉だんごのレシピ/作り方

白玉粉はもち米の粉。もっちりした食感のだんごが手軽に作れます。
とても簡単で、丸める作業は子供でも楽しく手伝えるので、頻繁におやつとして登場させてもいいくらいだと思います。
冬はしるこに、夏は夏らしく冷やして、黒蜜やきな粉をかけていただきます。

白玉だんごの写真

 【 白玉だんごの材料 】

  • 白玉粉   … 1カップ(100g程度になります)
  • 水     … 100cc弱
  • 黒蜜やきな粉 … 適宜
スポンサーリンク

  1. 白玉だんごの水加減
    水加減は白玉粉1カップに対して水100cc弱。白玉粉1カップで約100gになるので、
    粉と水はほぼ同量と思ってください。ただし水の入れすぎは禁物。適度に少ないほうが良い食感となります。

    ボールの中で、はじめは粉に水をなじませるように少しずつ水を入れ、混ぜ合わせます。
    水がなじんできたら、しっかりと力を入れて練り合わせ、ひとつにまとめた後、棒状に生地をのばします。
    ここでのだんごの塊は、耳たぶより少し固いくらいで、決して垂れるような柔らかさではいけません。

       


  2. 白玉だんごのまるめ方とコツ
    次に棒状に生地をのばしたら、同じくらいの大きさにちぎっていきます。
    白玉だんごは程よい水加減だと、手にもくっつかず、簡単にちぎれる状態になっています。

     

    まるめ方は、一度きゅっと握ってから、両手でまんまるの形にします。
    最後に芯の部分のゆで上がりをよくするために、中央を指で押さえて楕円形にしてあげます。
    できるだけ同じ大きさにそろえた方が、ゆで上がりが均一になるので、
    まるめたものから茹でていくのではなく、このように全ての団子をまるめ終わってから茹で工程に入ります。

       


  3. 白玉だんごのゆで方のコツ
    鍋に湯を沸かし、沸騰したところにだんごを入れます。
    団子がくっつかないように、入れ終わったらしゃもじなどでかき混ぜてやり、浮いてくるのを待ちます。
    強火でそのまま茹でていくと、2~3分くらいで少しずつだんごが浮いてきます。
    全部浮いてきてから、念のためもう1分ほど茹で、ざる上げしてから冷水で冷やしてあげます。

      

    夏場は黒蜜をかけたり、冷たいぜんざい風にしたり、きな粉をまぶしたり、と涼しくいただきます。

     

    【 補足 】
    ・白玉だんごは冷凍も可能です。ゆでた後に粗熱をとり、そのままラップなどして冷凍庫へ。
     食べる時は凍ったものを沸騰したお湯に入れると、すぐに柔らかく戻ってくれます!


    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・手作りおやつ・ジュース … 梅シロップ(梅ジュース)、 青じそジュース、 大学芋、 金柑の甘露煮

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

ごはんスタジオアイコン 和弁当ブログアイコン
ごはんスタジオブログアイコン
簡単スピードCookアイコン

【 サイト内検索 】

Google
WWW を検索 sirogohan.com を検索
スポンサーリンク

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!