おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大学芋のレシピ/作り方

大学芋の写真

調理時間:30分以下

大学芋はやっぱりおやつの定番レシピですよね。うちの子供も大好きです。

子供も食べやすいように少しだけ小さめに切って、みつには蜂蜜を使って作りやすく、そんな我が家の作り方を紹介します。

このレシピのキーワード
さつまいも
秋の味覚

印刷する

大学芋の材料(3~4人分)

  • さつまいも … 3本(約500g)
  • 黒ごま … 少々
  • 揚げ油 … 適量
  • はちみつ … 100g
  • 水 … 大さじ1弱
  • 塩 … ひとつまみ

スポンサーリンク

大学芋の作り方

大学いもの芋の切り方

さつまいもはひと口、ふた口で食べられる大きさに切ります。ここでは揚げ上がりを均一にしたいので、大きさをそろえることが大切です(ここでは1.5㎝幅の半月切りにしました)。 10分ほど水にさらしてから、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

※芋の切り方は、カリカリな仕上がりが好きな方は、乱切りのように先端が細くなるような切り方(乱切り)にしてもよいと思います。

大学芋の芋の揚げ方

揚げ油を160℃に熱し、①のさつまいもを入れてじっくりと揚げます。4~5分を目安に揚げたら一度取り出し、芋を少し休めます。

その間に油の温度を170~180℃くらいに上げ、さつまいもを戻し入れて2度揚げします。 2度揚げは表面をカリッとさせるため、美味しそうな色合いにするためなので、そうなれば順次取り出していきます。

大学芋のたれの作り方

最後に蜜を作ります。②で揚げたさつまいもが熱いうちに絡めるとよいです。蜜に使うのは砂糖ではなくはちみつ。 砂糖+水などで作るレシピよりも、はちみつを使ったほうが煮詰めるのが手軽。はちみつのコクのある甘さも加わってより美味しいと思います!

Aを鍋に合わせてしっかり溶き混ぜ、弱火で混ぜながら沸騰してくるまで待ちます。細かい泡が出てきて沸騰してきたらOKです。

あとは②の芋とボウルの中で絡めます。 全体にみつが絡んだら、黒ごまをふっていただきます。温かいうちに食べるとより美味しいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ