おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

きゅうりの塩もみのやり方/レシピ

きゅうりの塩もみのやり方の写真

調理時間:10分以下

きゅうりの塩もみは、きゅうりを小口切りなどにして、塩をもみ込むだけ、というシンプルなものですが、 塩の分量や時間、ひと手間かけたいときの丁寧なコツもありますので、そのやり方を紹介したいと思います。

このレシピのキーワード
きゅうり

印刷する

きゅうりの塩もみの材料(作りやすい分量で)

  • きゅうり1本なら … 塩小さじ1/4
  • きゅうり2本なら … 塩小さじ1/2

スポンサーリンク

きゅうりの塩もみのやり方/レシピ

きゅうりの塩もみの切り方

きゅうりを生で美味しく食べるための塩もみ。主に酢の物などちょっと和え物を中心に、ちらし寿司などでも使われますよね。 水分が多いきゅうりだから、塩をしてきゅうりの中の水分を外に出し、料理の味を損なわないようにする下ごしらえの一つです。

基本的な流れは、輪切りや斜め薄切りにする(2㎜幅くらい) → きゅうり1本に対して小さじ1/4の塩を混ぜる → 5分おいてぎゅっとしぼる、という3ステップです。ぎゅっとしぼるときは、これでもかってくらい、しっかりしぼることが大切です。

ちなみに、、輪切りだとしぼるときにきゅうりが割れやすいので、私はいつも『斜め薄切り』にしています。まずきゅうりのヘタを切り落として、へたの近くの皮をくるっとむき取り(皮が硬く青臭いので)、それから縦半分に切ります。縦半分に切ったものを斜め薄切りにするわけです。

きゅうりの塩もみのひと手間

ここからは『時間のある時にやってみてほしいひと手間』の紹介です。縦半分に切って斜め薄切りにする前に、『きゅうりの芯(種)の部分を取り除く』ということを料理屋さんなどではやっています。

これは、きゅうりの芯(種)の部分は水っぽくて食感も悪いため、それを取り除いて料理に使おう、ということなんです。下の写真のように、小さいスプーンで取り除いたり、細い芯抜きを使ったりして、種の部分を取り除きます。それから薄切りして塩もみすると、少しだけですが確実に水っぽさが改善されると思います!

※はじめの写真がスプーンを使ったときのもの、残り2枚が芯抜きを使っている工程写真です。

きゅうりの塩もみの使い方

きゅうりの塩もみは、塩をして水気をしぼりだすところまで作っておき、調理直前まで冷蔵庫に入れておけばOKです。 酢の物や和え物は、できてすぐ、和えてすぐ食べるのが美味しいものも多いので、食べる前に冷えたきゅうりの塩もみを取り出し、 仕上げをするくらいがよい場合も多いからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ